無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【Amazonブラックフライデー】コストパフォーマンスに優れたAnkerの充電器4選

高速充電の規格は、なかなかややこしい。

USB-C端子なら速いという訳ではないし、PD(Power Delivery)とQC(Quick Charge)には互換性がないなど、かなり複雑だ。

それぞれの規格を自動判別してくれるスマートな充電システムは、そうした問題を解決してくれるもの。

Ankerの場合なら「PowerIQ」が、それだ。

どの充電器を買えばいいのかよく分からないという人は、ぜひチェックしてみて欲しい。

これ1個でほぼ全てに対応

71iC6nFJo3S

Image: Amazon.co.jp

最大45Wで、あらゆる高速充電規格に対応、スマホはもちろん、ノートPCまで高速充電できるのが、「Nano II 45W」。

接続機器を自動判別し、過電流にならないギリギリの最大電流量に制御しながら充電する「PowerIQ 3.0」搭載のスマートACアダプタでありながら、約3.5x3.8x4.1cm というコンパクトさを実現しているのがポイントだ。

ノーブランド品などをつなぐ場合は要注意ながら、USBから給電するノートPC、タブレット、スマホなど、基本的にこれ1個あれば全てに対応することができる。

USB-Cポート1つでは足りないという人へ

画像

Image: Amazon.co.jp

こちらは今回のセール対象ではないが、 つい最近リリースされた「Nano II 65W」の2口バージョンである「Anker PowerPort III 2-Port 65W」。

スマホとノートPC(タブレット)を同時高速充電したいという要望に、Ankerが応えたもの。

合計最大65Wなので、2ポート同時充電の場合は上側が最大20W、下側が最大45Wになるが、それでも十分にパワフルだ。

「Nano II 65W」を2個買うより、1個で済むメリットは大きいだろう。

まだまだポートが足りない人へ

画像

Image: Amazon.co.jp

それでもまだポート数が足りないならコレだ。

PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」は、初期のPowerIQしか搭載しておらず、Qualcomm Quick Chargeに非対応ながら、USB-Cポートは30WのPower Delivery対応。

比較的新しいQualcomm製チップセットを搭載したAndroidユーザーにとっては、少々残念な仕様だとも言えるが、その他の端末で揃えている人なら、特に問題を感じることはないはず

モバイルバッテリーとしても使いたい人へ

画像

Image: Amazon.co.jp

PowerCore III Fusion 5000」は、単なるACアダプターではなく、4850mAhのバッテリーを内蔵したハイブリッド型充電器だ。

USB-Cポートが最大18Wまでに制限されているものの、「PowerIQ 3.0」搭載になっており、接続する機種に迷う必要はない。

満充電を待たず出かけてしまうことが多い場合でも、出先でコンセントを確保できない場面でも、便利に使えるはずだ。

Image/Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3, 4

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み