無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


正規雇用3つを掛け持ちする人も…そのうち1つを「職探しに困っていた妹に譲った」

複数のスクリーンで仕事をこなす男性。

複数のスクリーンで仕事をこなす男性。

Peter Cade/Getty Images

  • ホワイトカラーの中には、より多くの収入を得ようと密かに2つ目、さらには3つ目のフルタイムの仕事を引き受ける人もいる。
  • ある23歳の男性は、自分の3つ目の仕事を、求職中の妹に譲ったとガーディアンに語っている。
  • 「会議には私が顔を見せるために出席し、仕事の大半は妹がしている」という。

何百万人ものアメリカ人が仕事を辞めようと考えている一方で、まったく異なる決断をし、むしろ仕事を増やしている労働者もいる。

ガーディアンによると、リモートワークをしているホワイトカラーの中には、密かに2つ目、あるいは3つ目のフルタイムの仕事を引き受け、「過剰雇用」に陥っている人もいるという。アメリカのある23歳の男性は、3つの仕事をしていたが、そのうちの1つを、仕事探しに困っていた妹に譲ったという。

記事の中でサムと名乗るこの男性は、「妹に会社のサイトへのログイン情報を伝え、何をすべきかを教えた」とガーディアンに語っている。

「会議には私が出席し、仕事の大半は妹がしている」

過剰雇用」は、リモートワークの増加に伴い増える傾向にある。これは、雇用者の監督が行き届かなくなったことも一因と考えられる。ホワイトカラーの仕事はリモートでもできることが多いため、こっそりと複数の仕事を掛け持ちすることができる。だがブルーカラーにとってはなかなかそうはいかない。

イギリス在住のソフトウェアエンジニア(25歳)は、空いた時間によくビデオゲームをしていたが、その時間をもっと稼ぐために使うべきだと考えたと、ガーディアンに語っている。ジェイミーと名乗るこの男性は、2つ目のフルタイムの仕事としてソフトウェア開発の仕事を引き受け、今では以前の2倍の収入を得ている。

「想像していたよりもずっと簡単だった」とジェイミーは言う。

「どちらの会社もあまり多くのことを求めてこないので、2つの仕事をこなすのにそれほど苦労はない」

だが「過剰雇用」されていると、複数の仕事を同時にこなすために悩むこともある。例えば、会議のやりくりは大変だ。

「いずれの会社ともミュートにしてカメラも使わないようにするか、超多忙でどちらかの会議には出席できないように振る舞わなければならない」とジェイミーは言う。

「だが私はそういった問題に遭遇したことはない。落ち着いてやっている」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み