無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


履歴書による採用は時代遅れ…企業は実践的な評価への転換を


A hiring sign is posted i front of a Target store on February 05, 2021 in San Rafael, California.

2021年02月05日、カリフォルニア州サンラファエルのターゲット(Target )にて。スタッフ募集の看板が掲げられている。

Justin Sullivan/Getty Images

  • グラスドアやインディードを運営するリクルートの出木場久征CEOは、履歴書による採用は多くの業界で時代遅れの方法だと語った。
  • 出木場CEOは、実践的な評価の方が多くの業界でうまくいくだろうと述べた。
  • また、人手不足は企業が労働者の採用方法を変えるチャンスだと話している。

世界最大の求人企業のCEOは「履歴書は時代遅れであり、多くの業界で置き換える必要がある」と述べた。

グラスドア(Glassdoor)やインディード(Indeed)を所有する日本のリクルートホールディングス(Recruit Holdings)の出木場久征社長兼CEO は、多くの中小企業は人材確保に苦労しているにも関わらず、10年前と同じ方法、つまり履歴書の提出を求めて社員を採用しようとしているとブルームバーグ(Bloomberg)に語った。

出木場は、労働力不足は 「履歴書文化」から脱却するチャンスだと語った。履歴書の代わりに、職務上必要とされる特定の仕事をどのように処理できるかを確認する質問や評価を行うことも可能だという。

現在、アメリカ内外の企業は人手不足による人材確保の難しさを訴え、中には「労働意欲が見られない」とする企業もある。一方、労働者側からは、低賃金の仕事に耐えられなくなったという声があり、退職したり、キャリアを考え直したりする人もいる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み