無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ダイソンがVR店舗をオープン。“VR空間で髪をふんわり乾かす”ってどんな感じ?体験してみた

VR体験

お試しVRショップ体験は『レディ・プレイヤー1』の気分!?

撮影:小林優多郎

家電メーカーのダイソンは11月19日、VRヘッドセットを使って自宅からダイソン製品を試せる「Dyson Demo VR(ダイソン デモ ヴィアール)」を発表しました。

Facebook社が運営する「Oculus Questストア」からダウンロードして、製品のお試しができるというVR店舗。今後、体験から購入までを一括してVRアプリ上でできるようになるそうです。

コロナ禍で多くの小売店が危機に晒された中、ダイソンがいち早く「VR店舗」に挑んだ理由とは? 本国イギリスの開発責任者らに聞きました。

VRで「髪をふんわり乾かしてみる」

このVR店舗の一番の売りは「リアルな体験」、つまり実際の店舗で商品を試すのと限りなく近い体験ができること。

早速、試してみることにします。

まずOculus Quest 2のヘッドセットを装着。コントローラーを両手に握ると、インストラクション動画が流れます。その前面に出現するのは、見覚えのある個性的なフォルム。

ダイソンのドライヤー、ヘアアイロン、そしてカール用ドライヤーです。

ダイソンVR

アタッチメントや髪質も選べます。

画像:Dyson Demo VR

ドライヤーを選ぶと、視線の左側に髪の模型が現れます。コントローラーをグリップすることで、風を(バーチャルの)髪に吹き付けることができます。

特徴的なのは、まるでサーモグラフィーカメラを通して見ているかのように、風によって変わっていく髪の温度が色でわかること。例えば、冷風を選ぶと髪の毛の色は青、強風・高温を選ぶと赤に、髪色が変わります。

アタッチメントを付け替えると、変わる風の向きや量も変わります。

ダイソンVR

手を近づけるとカチッとアタッチメントがハマる感覚もある。

画像:Dyson Demo VR

例えば「ディフューザー」と呼ばれる、カールなどふんわり乾かしたい時用のアタッチメントをつけると、VR上の風の表現が変わり、ふわっと髪に当たる様子が見てとれます。

ドライヤーよりさらにVRの体験としてわかりやすかったのが、ヘアアイロンでした。

カチッと髪の毛を挟んで、下にグーッと引っ張ると、髪の毛の色がだんだんと変わっていき、髪がまっすぐに整っていきます。リセットを押すと、髪のモデルは一瞬でまたカールに。

ダイソンVR

髪を挟んでアイロンを下に降ろすと、髪の色が変わっていきます。

画像:Dyson Demo VR

くせっ毛など元々の髪質も、選択できるようです。この“わかりやすさ”は、VRならではと思える体験でした。

エンジニアが開発に使うCADを採用

まだ家電メーカーで参入しているところは少ない、VR上の「仮想店舗」。実は、コロナ禍以前からその構想はあったといいます。

ダイソンは20年も前から、製品開発の現場にVRを活用していました。エンジニアでも領域を横断して、さまざまな事業の担当者と関われるからこそ、3〜4年前からビジネスの現場でVRを活用できないか?とは考えていたのです」(ロボティクスエンジニア、マイク・オールドレッド氏)

今回、VR店舗の製品の3Dモデルの元となったCAD(コンピューター上の設計支援ツール)は、ダイソンが製品を製造する際と同じものが使われているそうです。

それだけでなく、製品を動かすためのソフトウェアも、エンジニアが実際に開発に使っているものを採用していると言います。

ダイソンVR

「Dyson Demo VR」はエンジニアが使っていたCADやプログラムをそのまま応用していると語る、ロボティクスエンジニアのマイク・オールドレッド氏(画面右上)。

画像:Dyson Global Media Roundtableより

ギミック(おもちゃ)にはしたくなかった。真正性(オーセンティシティ)がすべてのカギだ」(同氏)

将来的には、すべてのダイソン製品がVRでお試し・購入できるようになるだけでなく、VR上でダイソン店員と会話できるようになり、製品サポートなどが受けられるようになるとのことです。

「我々はパイオニアでありたい」

興味深かった点は、ダイソンはVRでの店舗体験に非常に大きな可能性を見ているという点でした。

D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランドが成長を続ける中、家電メーカーは今まで以上にユーザーとの強い接点を必要としています。VRを使えば、顧客とより密接、かつ長期的にコミュニケーションが取れるようになる。プレゼンからはそんな気概を感じました。

「これからVR技術はより発達し、今以上に使いやすくなっていくのは間違いないでしょう。でも私たちは待ちたくなかった。パイオニア(開拓者)でありたかった」(Eコマースディレクター、ショーン・ニューマーチ氏)

今後は、Oculusだけでなく、さまざまなVRプラットフォームにこのVR店舗を展開していきたいそうです。

(取材、文・西山里緒

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み