無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


EV車載電池ベンチャー「ビル・ゲイツVCを説得した」6枚のプレゼン資料を公開。精錬技術でリチウム不足解消へ

prime_mangrove_pitch_top

ビル・ゲイツ率いる気候変動問題専門のベンチャーキャピタルが、電気自動車(EV)の将来を左右する技術を持つカナダのスタートアップに出資した。

Shutterstock.com

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ率いる気候変動対策専門のベンチャーキャピタル(VC)ブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ(Breakthrough Energy Ventures)が、あるスタートアップのシリーズAラウンドでリードインベスターを務め、総額1000万ドル(約11億円)の資金を提供した。

電気自動車(EV)業界が間もなく直面する問題、すなわち車載電池の原材料不足という深刻な事態を解消するために、同スタートアップが大きな役割を果たす可能性があると踏んでの出資だ。

ブレークスルー・エナジーのほか、カナダの起業家向け銀行BDCの投資部門(BDCキャピタル)も出資に加わった。

資金提供を受けたのは、カナダ・バンクーバーに本拠を置くマングローブ・リチウム(Mangrove Lithium)。EVの動力源となる車載電池に必要とされる膨大な量のリチウムを、より迅速かつ安価に精錬(せいれん)・生産する手法の開発を進めている。

市場調査会社ガイドハウス・インサイツ(Guidehouse Insights)のよれば、車載用リチウムイオン電池のグローバル市場は、2024年までに2210億ドル(約24兆3100億円)にふくれ上がるとみられる。

自動車メーカー各社が生産ラインをガソリン車からEVにシフトさせ、リチウムイオン電池への依存度が高まるにつれ、マングローブのような、よりサステナブルで費用対効果を高めるリチウム精錬技術が熱視線を浴びるようになっている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular