無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


本日オープンするバルミューダ旗艦店に潜入。「BALMUDA Phone」の展示やコーヒー飲み比べも

スマートフォン「BALMUDA Phone」を発表したバルミューダ。

その「BALMUDA Phone」を実際に体験できる場として、東京・南青山に旗艦店となる「BALMUDA The Store Aoyama(バルミューダ ザ・ストア 青山)」が11月19日オープンする。

オープン前にプレス向けの内覧会から、その展示をみていこう。

表参道・青山エリアに決まった理由

bala01

「BALMUDA The Store Aoyama」の外観。営業時間は平日:11時〜19時、土・日・祝日:10時〜19時で、不定休。

撮影:コヤマタカヒロ

場所は東京メトロ 表参道駅から徒歩2分。国道246号線の喧騒から一歩奥に入った路地に面している。

もともと、2021年初頭に社長の寺尾玄氏が表参道を散歩していたときにこの場所を見つけたのがきっかけで決まった立地だという。春頃から準備を進め、スマホの発表に合わせてオープンした。

中は地上2階、地下1階の3フロアー構造。

現在は、1階はバルミューダの製品を手にとって触って試せるショールームになっている。2階は「BALMUDA The Toaster」で焼いたトーストを試食したり、「BALMUDA The Brew」で淹れたコーヒーが試せる空間となっている。

地下1階は現段階では開放されておらず、今後どのように活用していくか検討中とのことだ。

BALMUDA Phoneの展示は1階、購入・契約は2階で可能

壁

印象的なレンガの壁はバルミューダのブランドイメージを演出するもの。

撮影:コヤマタカヒロ

コンクリート造りの外観から、1歩中に入ると、イタリアのアンティークレンガを積み上げた壁と木製の大きなテーブルが現れる。

この壁の装飾も寺尾氏のディレクションによるもの。「古くから残るいいもの」という意味でのクラシックがイメージだ。

トースター各色

バルミューダを代表する製品であるトースターも各色並ぶ。

撮影:コヤマタカヒロ

触れる家電

炊飯器やオーブンレンジなども実際に触ることができる。レンジは電源も入っていた。

撮影:コヤマタカヒロ

入ってすぐの場所にある丸テーブルにも「BALMUDA Phone」が並んでいた。ここで実機を触って、購入したい場合は2階へ向かう。

BALMUDA Phone

入ってすぐに並んでいた「BALMUDA Phone」。10台以上が展示されていた。

撮影:コヤマタカヒロ

なお、BALMUDA The Store Aoyamaでは直販モデルとソフトバンクモデルの両方が購入できるほか、事前予約をすれば使用方法や契約方法を専用のスタッフからレクチャーしてもらえる。

BALMUDA Phone アクセサリー

付属品や保護フィルム等の展示されていた。

撮影:コヤマタカヒロ

BALMUDA Phoneの発表会後の記者向け体験会も、BALMUDA The Store Aoyamaで実施された。

撮影:Business Insider Japan

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み