無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フィスカー、最初のSUV「オーシャン」の量産版を発表…ソーラールーフや回転スクリーンを装備

2023年に発売予定のフィスカーのSUV「Ocean」。

2023年に納車開始予定のフィスカーのSUV「オーシャン」。

Fisker

  • フィスカーは11月17日、最初のEVの生産バージョンを発表した。
  • 「オーシャン SUV」の価格は3万7499ドルから。高価格モデルでは、フル充電で最大350マイルの走行が可能だという。
  • 特長的な装備は、ソーラーパネルや90度回転するタッチスクリーンだ。

電気自動車スタートアップのフィスカー(Fisker)は2021年11月17日、最初の製品の量産バージョンを発表した。その「オーシャン(Ocean) SUV」について、見てみよう。

同社はオーシャンの初期モデルを、2020年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで披露していたため、どのような車になるか、おおよそは知られていた。そして今回のロサンゼルス・オートショーでは、2022年から生産と販売を開始する予定の最終モデルを発表した。

フィスカーのオーシャン。

フィスカーのオーシャン。

Fisker

同社は、価格や内装、機能などの詳細についても明らかにしている。

ベースモデルの「オーシャン スポーツ(Ocean Sport)」は3万7499ドル(約428万円)から。電気自動車購入による7500ドルの税金控除が全額適用されると3万ドルをわずかに切る金額だ。同社の発表によると、前輪駆動で航続距離は250マイル(約402km)。

2番目のグレードの「オーシャン ウルトラ(Ocean Ultra)」は4万9999ドル(約570万円)で、より大きなバッテリーを搭載しており、航続距離は340マイル(約547km)。最大出力は540馬力で、3.9秒で時速60マイル(約100km/h)に到達する。

最高グレードの「オーシャン エクストリーム(Ocean Extreme)」は6万8999ドル(約787万円)。同社によると、航続距離は350マイル(約563km)で「ウルトラ」よりわずかに馬力が上回るという。「ウルトラ」と「エクストリーム」はどちらも4輪駆動だ。

フィスカーの「Ocean 2023」。

フィスカーのオーシャン。

Fisker

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み