無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「メタバースは一過性のブーム、来年消える」中国メガITがそろって消極的な理由

インサイドチャイナ

TikTokを運営するバイトダンス、ロブロックスに出資するテンセント……トップはメタバースをどう見ているのか。

REUTERS/Tingshu Wang

フェイスブックが社名を「Meta(メタ)」に変更して3週間。日本でもメタバースを理解するためのイベントが増えているが、世界で一番盛り上がっているのは間違いなく中国だ。

オンラインゲームやVR/ARに関わる企業の株価が異常なほど上昇し、11月はIT大手の第3四半期決算の発表が集中することもあって、決算会見が企業トップのメタバースに対する取り組みを取材する場にもなっている。バイトダンス(字節跳動)やテンセント(騰訊控股)、バイドゥ(百度)などメガITのトップの発言からは、以前からメタバースへの布石を敷いていることが分かる一方で、「あまり騒がれたくない」という警戒心もにじむ。

各社の発言を見てみよう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み