無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人手不足を背景に導入が進む配膳ロボット…ライバル店との差別化にも

アメリカン・ロボテック社は4つの配膳ロボットを販売中。価格は最も高いもので1万7800ドル。

アメリカン・ロボテック社には4つの配膳ロボットがある。購入する場合は、最も高いもので1万7800ドル。

American Robotech

  • 人手不足のレストランでは、配膳ロボットをはじめとするテクノロジーや自動化の導入が進んでいる。
  • アメリカン・ロボテック社は、アメリカで4種類のロボットを販売していて、最も高いモデルは1万7800ドルだ。
  • ロボットが料理を運んだり、テーブルを片付けたり、客を席に案内する様子が動画で紹介されている。

アメリカ国内のレストランは人手不足に悩まされており、人材確保の問題を解決するために、テクノロジーや自動化を利用するケースが増えている

よりよい賃金、福利厚生、労働条件を求め、記録的な数のアメリカ人が仕事を辞めている。その結果、人手不足が深刻化し、特にレストラン業界が大きな打撃を受けている。

レストランではスタッフが見つからず人件費が高騰していること理由に営業時間を短縮したり、客席を閉鎖したりしている。また、レストランのオーナーからは、サービスの提供が遅くなりがちで、残っているスタッフは過労になっているとの声も聞かれる。

多くの店ではスタッフを集めるために賃金を上げたり福利厚生をさらに充実させたりしているが、中には技術的な解決策に頼っているところもある。

それには配膳ロボットも含まれている。

アメリカン・ロボテック(American Robotech)社は、料理をテーブルに運ぶ、汚れた皿を片付ける、客を席に案内する、「ハッピー・バースデー」を歌うなどの機能を持つ4種類のロボットを販売している(製造は中国のPudu Robitics)。

American Robotech has four different robots.

アメリカン・ロボテック社には4種類のロボットを販売している。

American Robotech

ジャッキー・チェン(Jackie Chen)CEOがInsiderに語ったところによると、テキサス州に本社のある置く同社がロボットの販売を開始したのは2021年初頭で、ちょうど企業が人員不足を訴え始めた頃だという。

ダラスにあるラテンアメリカ料理レストラン「ラ・ドゥーニ(La Duni)」は、アメリカン・ロボテック社の顧客で、3台のロボットを1日15ドルでレンタルしている。このレストランのオーナー、エスパルタコ・ボルガ(Espartaco Borga)は、CNNの取材に対し、ロボットを使うことは、働きすぎのスタッフを救済するためには「当然のこと」だと語った。

チェンCEOは、レストランがアメリカン・ロボテック社のロボットを導入する主な理由は人手が足りないからだが、一部のレストランではライバル店との差別化を図るためにロボットを使用していると述べている。

チェンは、ロボットは「人の代わりにはならない」と言う。ロボットは、スタッフが1日に何百回も行う反復的な作業を代わりに行うことを目的としているとチェンは話している。ロボットはそのような仕事を人間よりも上手にこなすことができる、と彼は付け加えた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み