世界最大のスーパーヨットが自宅に? 12億6000万円の部屋のデザインをのぞいてみた

スーパーヨット

スーパーヨット「ソムニオ」

Winch Design/Luttenberger Design

  • Insiderは、世界最大のヨットの約1100万ドル(約12億6000万円)の部屋のイメージ画像を入手した。
  • メーカーであるソムニオ(Somnio)は、一部の部屋はすでに買い手が付いているとした上で、部屋の購入には招待が必要だと話した。
  • 一番広い部屋は、ヨットのトップデッキのほぼ全てを占めるという。

全長728フィート(約222メートル)のスーパーヨット「ソムニオ」は世界最大のヨットになる予定だ。その建造費用は約6億ドル(約680億円)だという。

ソムニオ

スーパーヨット「ソムニオ」

Winch Design

Source: Somnio


2024年のローンチに先駆けて、ソムニオは部屋のインテリアデザインのイメージ画像をInsiderにシェアした。

室内の様子

Luttenberg Design


このスーパーヨットには39の部屋があり、その価格は1室1080万ドル~。一部の部屋はオーナーが内見することなく売れたと、ソムニオはInsiderに語った。

ソムニオ

モナコの港に停泊する「ソムニオ」

Winch Design


ただ、招待がなければ、部屋を購入することはできない。所有者の名前が公表されることはないと、ソムニオは話している。

部屋の様子

Tillberg Design of Sweden


ソムニオによると、部屋は6つのデッキに広がっているという。一番狭い部屋でその広さは182m²だ。一番広い部屋でその広さは963m²で、その3分の1は屋外テラスになるという。

室内の様子

Luttenberger Design


一番広い部屋は、トップデッキのほぼ全てを占める見込みだという。

デッキ

Luttenberger Design


ソムニオによると、部屋のオーナーは最長3カ月をかけて、3つのデザイン会社とやりとりをし、室内の配置を選んだり、部屋にどういった素材、家具、照明、アートを使うか決めるという。

室内の様子

Winch Design


一部の部屋にはキッチン、ジム、書斎に加えて、屋内と屋外(テラス)の両方にダイニングがある。他にも、共有スペースとして、1万本を収納するワインセラーとテイスティング・ルーム、レストラン、バー、ウォータースポーツが楽しめるビーチクラブなどがあるという。

室内の様子

Luttenberg Design


デザイン会社はそれぞれの部屋のカトラリーやタオル、寝具類といった小間物の調達も支援する。部屋のオーナーは、個人の所有物をインテリアに取り入れてもらうこともできる。

室内の様子

Winch Design


デザイナーはそれぞれのインテリアデザインに合わせて、最も環境にやさしい素材や製品を選ぶよう努めるという。

室内の様子

Winch Design


ソムニオによると、このスーパーヨットは世界中を旅して回る予定だという。部屋のオーナーたちはこのヨットで地中海を訪れたり、ニューヨークで1週間を過ごしたり、南太平洋のセーリングを楽しんだり、南極を探索できる。

ソムニオ

オーストラリアのシドニーにあるハーバーブリッジをくぐる「ソムニオ」

Winch Design


オーナーたちは好きな時に来て、滞在し、帰ることができるという。「ここは彼らの家です」とソムニオはInsiderに語った。

室内の様子

Winch Design

[原文:See the designs of the $11 million luxury apartments inside the world's biggest superyacht, which includes access to bars, restaurants, and a beach club

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ukraine-crisis

【ウクライナ危機】「ロシアへのエネルギー依存」で弱腰のヨーロッパ。これ以上こじらせたくない事情とは

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Jan. 27, 2022, 01:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み