無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


会える時代になったら何つくる?オンライン演劇ノーミーツが「劇団」を外した理由

ノーミーツ

コロナ禍の2020年4月、劇団ノーミーツを立ち上げた広屋佑規(中央)、林健太郎(右)、小御門優一郎。

撮影:今村拓馬

新型コロナウイルスであらゆるエンターテイメント産業が影響を受けた中で、一つの挑戦が話題をさらった。

劇団ノーミーツ。

「No MeetsとNO密と濃密」をキャッチコピーに、顔合わせから打ち合わせ、オーディション、稽古、そしてもちろん本番まで一度もメンバーが会うことなく演劇を届ける「Zoom演劇」という手法を確立。2021年2月には「演劇界の芥川賞」とも言われる岸田戯曲賞の最終候補にもノミネートされ、作品そのものも高く評価された。

そのノーミーツが「劇団」という看板を捨て、ストーリーレーベル「ノーミーツ」として再始動した。演劇や映画というジャンルにとらわれず、幅広く物語を創造するエンターテインメント集団を目指すという。

「面白い劇団があったよね」で終わりたくない

劇団ノーミーツが結成されたのは2020年4月。1度目の緊急事態宣言の直前だった。

演劇やライブ、イベントは中止され、映画館も閉まった。足を運ぶエンターテインメントが消えた世界で、「こういう時だからこそ何か面白いものを生み出したい」という広屋佑規(30)の呼びかけに応えたのが林健太郎(27)、小御門優一郎(28)だった。

その数日後から2、3日おきにTwitter上に自粛生活の中での不安や困惑を描いた140秒のZoom動画をアップし、5月末には劇団旗揚げ公演として『門外不出モラトリアム』を上演。その後、第2回公演の『むこうのくに』、岸田戯曲賞の候補ともなった第3回公演『それでも笑えれば』を上演、有料にもかかわらず1万4000人以上を動員した。

ノーミーツ

第2回公演『むこうのくに』。登場する俳優たちは自宅からそれぞれ演じていた。

提供:ノーミーツ

自主公演以外にもサンリオピューロランドと組んだ作品や、THE SUIT COMPANYなどテレビCMなども手がけ、この1年半で生み出した作品は演劇、ドラマ、番組、映画など50以上にものぼる。

ノーミーツの強みの一つは、コロナ禍での「会えない」という制約を逆手にとったフルリモートという手法と、会えないからこそ見えた感情や自分にとって大切なものは何かという本質的な問いだった。

だが、コロナはいずれ収束する。リブランディングの起点は、「コロナ後」を考えたことだった。会えるようになった時代に自分たちは何を表現するのか。

2020年の年末に上演した『それでも笑えれば』では、バーチャル空間上にいた登場人物が実際に「会う」ことも解禁した。それまで一切会わずに作品を作ってきたメンバーが集えるオフィスも設けた。リアルな演劇の配信をしたり、縦型映像の映画をつくったり、2021年に入り、Zoom演劇以外の新たな表現方法を模索してきた。

「それでも、『ノーミーツと言えばZoom演劇だよね?』『今でも会わずにつくっているの? え、オフィスあるの?』と言われることが続いて。あまりに『会わずにつくる』のインパクトがあったので、逆に少し重荷にもなっていました。僕たちはもっと新しいことにチャレンジしたいのに、世間のイメージは変わらない。このままコロナが収束したら、『コロナ禍に劇団ノーミーツっていう面白い劇団があったよね、で終わってしまうと思ったんです。

改めて自分たちの価値は何だろうとみんなで考えた時に、自分たちはどうしようもなく物語が好きで、物語をつくっていきたいという思いがありました」(広屋)

会えない時代に磨かれた感情の深掘り

広屋佑規氏

今はノーミーツの経営も担う広屋。副業で関わるメンバーも多いが、いざという時には「アクセルを全力で踏めるような」チームもつくりたいという。

写真:今村拓馬

選んだのが「劇団ノーミーツ」から「ノーミーツ」への転換。演劇、映画、ドラマなどジャンルにこだわらず「物語」をつくり、届ける。いまは制約がなくなったからこそ何でもできるという興奮と葛藤を楽しんでいるという。

「会えない制約を超えるという熱量と好奇心でつくってきた僕たちが、会えるようになった時に何からつくるのかという葛藤はあります。でも、新しい表現に挑戦する時に超えるべき制約は必ずあるので、それを越えることはやっていきたいし、コロナが収束しても社会の閉塞感がなくなるわけでもない。そこに一筋の希望を提案できるものを、と思っています」(林)

脚本を担当する小御門は「会えない時代」に、どこか大喜利的に脚本を書いていたという。

会わない時代に人に感動してもらうのはこういうことかなと。それが2021年のゴールデンウィークに生配信した企画『夜が明ける』では、「会えない」状態は変わらないものの、1年前とは同じ条件ではないだろうと考え込んだ。

3回目の緊急事態宣言。1年以上経ってもまだ終わりが見えない。この苦しい中でみんなどんな思いでいるのか。改めてメンバーたちと徹底的に話し、感情を深掘り言語化した。

結論があるわけでもない、延々と続く空中戦のような企画会議。ノーミーツではどんな作品をつくる際にも、この作業を大切にする。「会えない」という制約の中で磨き上げられたコミュニケーションによる感情の解像度の高さと、それを物語として昇華させる、この一連の「作業」こそノーミーツの強みだという。

「今のチームではこの感覚が共有できて信頼し合えている。脚本は僕が書きますが、チーム全体でつくることがノーミーツらしさだと思っています」(小御門)

企業からの案件も増えたが、基本はこうした議論を経てつくり上げていく。あくまでも自分たちが考える「物語」の軸はブラさずにやっていきたいと考えている。

「企業の案件では担当者レベルでは面白いと言ってもらえても、上層部に提案すると、『もっと分かりやすくバズりそうなものを』と言われたこともあります。本質を見極めようとすると、キャッチーではなくなるけど、物語だからこそ伝わると思っています」(広屋)

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み