無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1ドルショップが死んだ… アメリカでは「1ドル」を守ってきた最後の大手チェーンも値上げへ

1ドルショップ

全ての商品が1ドル以下で売っていたが…

Mario Anzuoni / Reuters and Jim Young / Reuters

  • アメリカの1ドルショップ「ダラー・ツリー(Dollar Tree)」は11月23日(現地時間)、その標準価格を1.25ドル(約144円)に値上げすると発表した。
  • ダラー・ツリーは、1ドルの価格を守ってきた最後の大手1ドルショップだった。
  • このニュースは、アメリカにおける伝統的な"1ドルショップ"の死を示唆している。

商品を1ドル以下で販売してきた最後の大手1ドルショップ・チェーン「ダラー・ツリー」は11月23日、正式にその標準価格を1.25ドルに値上げすると発表した同社は9月から一部店舗で1ドルを上回る価格設定を試していた。

発表を受け、同社の株価は上がった。投資家は1ドルの価格に縛られることなく、売り上げが伸びると見たからだ。そしてこのニュースは、アメリカの小売業界における"1ドルショップ"の死を示唆している。

アメリカでの1ドルショップの歴史は数十年に及び、第二次世界大戦後の経済下で急激に伸び始めた。こうした店は1ドル以下で商品を売ることからスタートしたものの、大半はインフレに合わせて急速に多様化し、価格を上げた。ただ、ダラー・ツリーはそうしなかった。

店舗数でアメリカ最大の1ドルショップ・チェーン「ダラー・ゼネラル(Dollar General)」は、1955年にその1号店をオープンした。創業したJ・L・ターナー、カル・ターナー親子の狙いは、テネシー州ナッシュビルやケンタッキー州ルイビルの百貨店で一年中行われている「1ドルセール」を再現することだった。

カル・ターナー氏の息子によると、値上げまでにさほど時間はかからなかったという。今日、ダラー・ゼネラルでは大半のプライベートブランド商品と国内ブランド商品を10ドルまたは10ドル弱で提供していて、1ドルで販売している商品はごく一部だ。

同様に、商品を2ドル以下で売ることからスタートしたダラー・ツリー傘下のファミリー・ダラー(Family Dollar)も、その価格帯を1~10ドルに移行させた。

西海岸を中心に展開するチェーン「99セント・オンリー(99 Cents Only)」は、インフレが原因で2008年にその最高価格を99.99セントに上げたことで客から訴えられた。客は、店名が誤解を与えていると主張した。

こうして他のチェーン店が価格を上げる中、ダラー・ツリー(1993年に改名するまでは、もともと「オンリー1ドル(Only $1.00)」と呼ばれていた)は"約束"を守り続けた —— 投資家が新しい価格帯を加えるようプレッシャーをかけても、だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み