無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


YouTubeを観ながら楽しくエクササイズ! 人気アーティストコラボのトレーニングチューブ

top

Photo:中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

久しぶりに外出したら、脚の筋肉の衰えに驚かされた。

筆者は太ももに肉がついたことは気づいていたが、 少し歩いただけで眠くなるほど体力が落ちているとは。

意識して歩いたりスクワットをしてたが、それだけでは足りなかったようだ。

そこで、日々のエクササイズに負荷を加えるために、IMPHY(インフィ)の「ヒップアップ レジスタンスチューブ Hard ハード ブルー 中・上級者向け」を使ってみることにした。

下半身に効果的

1

Photo:中川真知子

実際に運動している場面は自重します。

チューブエクササイズのいいところは、自分にあった負荷がかけられるところだ。

筆者は、足の幅を広げてスクワットをする「ワイドスクワット」や、片ひざを曲げて重心をのせ、もう片方の足を横に伸ばす「サイドランジ」といった比較的簡単なエクササイズをするときに使っているが、つけているといないとでは、脚の疲労度が全く違う。

楽しく運動できる

ヒップアップ レジスタンスチューブ 」は、結成20周年を迎えたバンド・ORANGE RANGEの「Health」という楽曲とのコラボレーションアイテムだ。

MVには「ヒップアップ レジスタンスチューブ 」を使ったエクササイズが登場する。YouTube動画を視聴しながら音楽に合わせて楽しくエクササイズできるのだ。

振り付けは、脚上げたり、上半身を捻るものばかりで難易度は高くない。しかし、終わったあとはお尻や太ももに心地よい負荷を感じられる。

体幹、ダイエット、尻トレ、太もも脚やせに効果的らしく、ぜひ継続したい。

運動に集中できる工夫

2

Photo:中川真知子

足首に巻きつけるバンドの内側にはクッションが埋め込まれており、痛みを感じにくい仕様。

3

Photo:中川真知子

また、足首に合わせて固定できるので、ズレて動きに集中できなくなることもない。

4

Photo:中川真知子

筆者は仕事をしながら脚を開閉して「ながらエクササイズ」をすることもある。

付属のガイドでは「Health」に採用されているエクササイズ3つを含む、計10通りのエクササイズが紹介されている。難易度が高く、体幹がしっかり鍛えられていないと再現できない動きもあり、成長に合わせてステップアップしていくゲーム的な面白さも魅力的だ。

個人的にはYouTube動画を観ながら、音楽に合わせて楽しめるお手軽さが気に入っている。仕事からエクササイズまでの流れがほぼシームレスなのは、究極のズボラで面倒くさがりな自分にとって本当にありがたい。

※表示価格は執筆時のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

Image/Source: Amazon.com

(文・写真 中川真知子)

注:この記事のリンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み