メタバース市場は1兆ドルのチャンス…仮想の土地が200万ドル以上で売れた

フェイスブック(現在のMeta)はメタバースがどのようなものかを示すために、いくつかの画像を作成した。

フェイスブック(現在のMeta)はメタバースがどのようなものかを示すために、いくつかの画像を作成した。

Facebook

  • 暗号資産(仮想通貨)投資信託のグレイスケール社は、メタバースは年間1兆ドルの収益機会であると述べている。
  • これは、メタバース・プロジェクト内の仮想の土地が200万ドル以上で販売されたことを受けたものだ。
  • グレイスケールは、メタバースは暗号資産の世界にとって大きなチャンスであり、投資が加速しているとしている。

暗号資産(仮想通貨)投資信託の大手、グレイスケール(Grayscale)が発表した新しいレポートによると、メタバースは、広告、デジタルイベント、eコマース、ハードウェアなど、全体で年間1兆ドル(約115兆円)の収益を得るチャンスになるかもしれないと述べている。

グレースケールのレポートは2021年11月24日の夜、フェイスブック(Facebook)がインターネットの未来であるという仮想の没入型環境に焦点を当ててMetaに社名を変更した後、メタバースへの関心が急速に高まっている中で発表された。

最近では、暗号ベースのメタバースであるDecentralandAxie Infinity内の仮想の土地区画が200万ドル(約2億3000万円)以上で販売されるなど、メタバース経済の潜在的な規模を示す兆候が早くも現れている。

メタバースとは、オンラインの3D仮想環境のことで、人々はそこでゲームをしたり、物を作ったり、交流したり、仕事をしたり、さらには暗号資産を取引したりすることができる。

現在、メタバースとして最もよく知られているのはゲームであり、フォートナイト(Fortnite)やロブロックス(Roblox)などがここ数年で人気を博すようになった。グレイスケールは、仮想ゲーム世界の収益は、2020年の約1800億ドル(約20兆6000億円)から、2025年には4000億ドル(約45兆9000億円)に成長すると推定している。

しかし、世界最大の暗号資産ファンドを運営するグレースケールは、メタバースはまだ「初期段階」だという。また、Metaがメタバースに100億ドル(約1兆1500億円)を投じる計画は、市場の可能性の大きさを示すものだとしている。

報告書には「メタバースを実現するためのマーケットには、年間収益で1兆ドル以上の価値があるかもしれない」と書かれているが、いつそうなるかについては明らかにしていない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み