無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


SDGsとリモートワーク、スタバが上海に実験店舗。「サードプレイス」の進化模索

001TRdyFly1gwq4qg8rojj61900u0qbi02

11月に上海にオープンしたスターバックスの実験店舗はビジネス利用にフォーカスしている。

スターバックス微博公式アカウントより

スターバックスがこの秋、2つの実験店舗を中国・上海にオープンした。上海のカフェは約7000店舗あり、ニューヨークの3~4倍とも言われる。コーヒー文化が急速に普及し、中国消費者のニーズを熟知した現地企業との競争が激化する中で、老舗チェーンは「第三の場所」の進化を追求している。

1人ブース、会議室を併設

スターバックスは11月下旬、上海中心部のオフィスビルにテレワークやミーティング施設を設けたコンセプト店舗をオープンした。

200平方メートルの店舗は「有料会議室」「個人用ブース」「ソファコーナー」「休憩スペース」の4エリアに緩やかに分かれている。

001TRdyFly1gwq4qhj0vbj61d10u0wna02

会議室は防音加工が施され、照明や空調も調整可能。

スターバックス微博公式アカウントより


001TRdyFly1gwq4qe6xrmj60u011m12a02

4人用会議室は3つ設置された。

スターバックス微博公式アカウントより

有料会議室は4人用が3室、8人用が3室。部屋ごとに照明や空調を調整でき、壁は防音加工が施されている。

会議室はスマホのアプリで予約・決済し、QRコードで開錠して使用するシステムだ。

スターバックスは日本でも2020年に、ビジネス利用にフォーカスして仕切り席や予約制を導入した店舗を都内2カ所にオープンした

上海店舗はよりオフィス機能が重視され、日本の店舗にはない「会議室」が設けられているのが特徴。これは、上海店舗がシンガポール不動産企業「キャピタランド」傘下で、コワーキングスペース、シェアオフィス、レンタルオフィスといった「フレキシブルオフィス」を展開する「奕橋Bridge+」とコラボしているからだろう。

001TRdyFly1gwq4qdmrukj61900u0tdp02

予約、決済、開錠はスマホで行える。

スターバックス微博公式アカウントより

001TRdyFly1gwq4qcfvitj61h30spthg02

多くの座席に電源とライトが備えられている。

スターバックス微博公式アカウントより

同店は、オフィスビルの1階ロビーの一角に設けられ、不動産企業視点では遊休スペースの新たな活用法を探る取り組みでもあるという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み