オミクロン株に対応したワクチンが必要なら…モデルナ「2022年初めに配布可能」

モデルナのCOVID-19ワクチン。

モデルナのCOVID-19ワクチン。

Rick Bowmer/AP Photo

  • モデルナの最高医療責任者は、2022年初頭までに最新のワクチンをリリースする可能性があると述べた。
  • ワクチンをアップデートするというニュースは、新しいオミクロン株が世界的に広まり始めたときに発表された。
  • ファイザーとジョンソン&ジョンソンは、オミクロン株に対する現行ワクチンの有効性をテストしているという。

モデルナ(Moderna)は、2022年初頭までにオミクロン株と戦うためのCOVID-19ワクチンをリリースする可能性があると述べた。

同社の最高医療責任者、ポールバートン(Paul Burton)は2021年11月28日、イギリスBBCの番組「Andrew Marr Show」で、「現在のワクチンで防御できるかどうかは、今後2、3週間で分かるはずだ」と述べた。

「もし、新しいワクチンを作らなければならないとしたら、それが大量に入手できるようになるのは2022年初頭になる」とバートンは続けた。

この最新のワクチンについての発言は、南アフリカで検出されたオミクロン株が、世界中に容易に広がる可能性があると科学者や保健関係者が警告する中で行われた。Insiderがすでに報じているように、この変異株はイスラエルやベルギーなど、いくつかの国に広がっており、ヨーロッパ、アジア、北米では相次いで渡航制限が行われている。イギリス保健省の担当者によると、27日にはイギリスで2例が検出されたという。また、アメリカの感染症の第一人者、アンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)博士は、すでに上陸している可能性もあると述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ukraine-crisis

【ウクライナ危機】「ロシアへのエネルギー依存」で弱腰のヨーロッパ。これ以上こじらせたくない事情とは

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Jan. 27, 2022, 01:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み