無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブルーオリジンの宇宙旅行者は、打ち上げ前の数日を砂漠のキャンプ場で過ごす

ジェフ・ベゾスがCEOを務めるブルーオリジンは、宇宙飛行に行く乗客のために「アストロノーツ・ビレッジ」というキャンプ場を用意している。

ジェフ・ベゾスがCEOを務めるブルーオリジンは、宇宙飛行に行く乗客のために「アストロノーツ・ビレッジ」というキャンプ場を用意している。

Blue Origin/Joe Raedle/Getty Images

  • ブルーオリジンの乗客は、打ち上げ前に同社の「アストロノーツ・ビレッジ」でエアストリームのトレーラーに寝泊まりする。
  • 最初の乗客となった元NASAのクリス・ボシュイゼンは、トレーラーを見てアポロ時代を思い出したとInsiderに語った。
  • ビレッジにはレストラン、バー、焚き火台があり、午後になると乗客やスタッフが集まってくる。

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezo)の会社のロケットで約100キロメートル上空に向けて打ち上げられる宇宙旅行者は、まず、テキサス州の砂漠にあるキャンプ場のエアストリームのトレーラーで過ごす必要がある。

2021年10月、「スター・トレック」の俳優、ウィリアム・シャトナー(William Shatner)や他の2人の乗客とともに、ブルーオリジン(Blue Origin)の宇宙飛行に参加したクリス・ボシュイゼン(Chris Boshuizen)は、打ち上げ前の数日を「アストロノーツ・ビレッジ(Astronaut Village)」と呼ばれるキャンプ場で過ごしたと述べている。

宇宙飛行の前後にシャトナーのサポート役を務めた企業家のドン・ディコスタンツォ(Don DiCostanzo)が以前Insiderに語ったところによると、アストロノーツ・ビレッジは、テキサス州ヴァンホーンにある発射場から約24キロメートル離れた場所にあるという。

ブルーオリジンのアストロノーツ・ビレッジ。

ブルーオリジンのアストロノーツ・ビレッジ。

Blue Origin

キャンプ場は長い砂利道を下ったところにあり、「厳重に警備されていた」と、ディコスタンツォは述べた。なお彼自身は近くのホテルの部屋に泊まり、その費用はブルーオリジンが負担したという。

元NASAのエンジニアであるオーストラリア人のボシュイゼンは、この僻地にあるアストロノーツ・ビレッジを「完璧な小さいキャンプ場」と表現した。

宇宙旅行者には、飛行前の宿泊用に銀色のエアストリーム・トレーラーが割り当てられる。ボシュイゼンによると、その内装は「キャンピングカーというよりホテルに近いもの」に作り直されているという。

アストロノーツ・ビレッジに並ぶトレーラー。

アストロノーツ・ビレッジに並ぶトレーラー。

Anonymous

「5つ星ホテルのようなものではない」とボシュイゼンは述べ、トレーラーを見ているとアポロの時代を思い出すと付け加えた。

「それぞれの部屋のあちこちに歴史的な品々が置かれ、過去と未来がつながっている場所にいるという実感がある」

アストロノーツ・ビレッジ内の施設。焚き火台がある。

アストロノーツ・ビレッジ内の施設。焚き火台がある。

Anonymous

2021年7月、ベゾスと他の乗客もブルーオリジンのニューシェパード・ロケットでの最初の宇宙飛行に先立って、アストロノーツ・ビレッジに滞在した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み