無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大量の返品が環境負荷を高めている…ネット販売での「ブラケティング」とは

bracketing

Noam Galai/Getty Images

  • 「ブラケティング」とは、オンラインショッピングで同じ商品をサイズ違いや色違いで複数購入することだ。
  • ブラケティングは、eコマースの普及に伴い増加しており、ある調査では買い物客の58%がブラケティングの経験があるとしている。
  • これは、物流面や経済面で小売業者の悩みとなるだけでなく、環境面にも悪影響を及ぼしている。

例えばオンラインでブーツを購入するとしよう。

自分に必要なサイズはわかっているが、ハーフサイズ上の方がいいかもしれない。また、ある色に魅かれているが、別の色も気になっている。結局、少なくとも2足を返品することを前提に、2色のブーツを2サイズ、つまり4足購入した。

今、多くの人はこのような方法でオンラインショッピングをしている。無害に思えるかもしれないが、小売業者にとっては、金銭的なことも含めて、大きな悩みの種となっている。ホリデーシーズンの買い物が本格的になってきている今、小売業者は今やeコマースの常套手段となっている「ブラケティング(bracketing)」に備えている。

「ブラケティング」とは?

Insiderが報じたように、「ブラケティング」とは、顧客がある商品を複数のサイズ、色で購入して、最も気に入ったものだけを選び、残りの品を小売店に送り返すことを意味する。これは、客が特別な日や休暇のために商品を購入し、使用後に返品する「ワードロービング(wardrobing)」と呼ばれるもうひとつの買い物習慣に似ている。

特に小売店が送料無料や返品無料などのサービスを提供している場合は、ユーザーはリスクが低いと判断し、ブラケティングを行うことがある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み