日本の「宇宙商社」がSpaceX「Falcon 9」ロケットの利用権を獲得。宇宙へのアクセシビリティ向上に期待

ロケット

写真:SpaceX

宇宙産業のサポート業務に広く携わる「宇宙商社」として独自のビジネスを展開する日本の宇宙ベンチャー・Space BDが11月30日、イーロン・マスク氏が代表を務める米SpaceXが製造・開発する「Falcon 9」ロケットを活用した衛星打上げサービスを開始すると発表した。

Space BDは2017年に設立されたベンチャー。

Space BDは衛星やロケットを自社で開発しているわけではなく、ロケットの打上げ「枠」を確保して、衛星開発者に提供。搭載して打ち上げるまでの技術的な調整や官庁とのやりとり、その他安全審査などを支援している。

国内では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から国際宇宙ステーション(ISS)の小型衛星の放出、実験装置の利用を仲介などをする事業者として選定されており、実績も豊富。

ロケットの打上げ枠についても、JAXAが開発する次世代基幹ロケットである「H3」の相乗り枠、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の後継機である「HTV-X」を活用した衛星放出機会の提供など、これまでに国内外のユーザーに約50機以上の打上げサービスを提供してきたという。

宇宙に衛星を送り込むためには、そのサイズや重さなどによって利用できるロケットに制限がある。

今回、SpaceXの「Falcon 9」の衛星打上げ枠の利用権を獲得できたことで、Space BDとしては、これまで以上に宇宙へアクセスする幅広い手法を提案できるようになる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み