国内NFTマーケットを分析、新規参入のメルカリや楽天の強みとは?

NFT図版

国内でもさまざまな事業者がNFTマーケット運営に乗り出している。

作成:Business Insider Japan

「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされるなど、日本でもすでにバズワードになっている「NFT」。

連日さまざまなアーティストが新たなNFTを出品したり、新しい周辺ビジネスが発表されているが、そんなNFTを取引する「NFTマーケット」の国内動向はどういう状況にあるのか。

今後提供予定のサービスを含めて、各事業者がNFTについてどのようなサービスや方針を持っているのか、分析してみよう。

ベータ版で提供している事業者

  • Coincheck
  • GMO
  • LINE
  • SBI

今後提供予定の事業者

  • メルカリ
  • 楽天

※この記事の情報は2021年12月1日時点のものです

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular