無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


犯罪率が上がりがちな年末。車の盗難・イタズラに遭わないための対策アイテム3選

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンの記事から一部編集の上、転載しています。

年の瀬が近づくと、犯罪率が上がると言われている。

カーオーナーとしては、愛車の盗難やイタズラが気になるところだ。

そこで、効果的に犯罪抑止力を発揮してくれそうなアイテムを3点ピックアップしてみた。ぜひ参考にしてみて欲しい。

実効性も高いハンドル&ブレーキロック

画像

Image: Amazon.co.jp

クラージュの 「ブレーキペダル&ハンドルロック KS-101」は、ハンドルと同時にブレーキペダルも固定できるロック

電子的な盗難対策が突破される事例が増えてきた中、物理的なロックを装着しておくことは、かなり効果的だと考えられる。

黄色で目立つところも、抑止力を高めてくれそうなポイント。

電動工具で切断されてしまうリスクも考えられるものの、窃盗犯は盗難完了までに時間がかかったり、大きな音を出したりするのを嫌うと言われている。一定の効果が期待できるはずだ。

盗難対策済みを効果的に知らせるランプ

画像

Image: Amazon.co.jp

カーメイトの「ナイトシグナル デコ SQ74」は、ソーラー電池で動作するダミーランプ。

ダミーと名付けられているとおり、光る以外の機能は一切ない。しかし、ハンドルロックなどの物理的な盗難対策と併用すれば、効果的なアピールになるだろう。

「この車はちょっと面倒そうだ」と思わせることができれば、抑止力が期待できる。

安価であるし、とりあえず取り付けておきたいところだ。

ボディの傷付けなどイタズラ犯を撮影できる

画像

Image: Amazon.co.jp

駐車中の様子も撮影でき、コストパフォーマンスに優れたドライブレコーダーが、KENWOOD(ケンウッド)の「ドライブレコーダー DRV-250&駐車監視電源コード」。

シガーソケット等キーONで使えるアクセサリー電源ではなく、常時電源に接続しておく必要があるため、DIYに自信がない人は修理工場に持ち込んで欲しい。

フルハイビジョンで24時間撮影に対応できる(バッテリー残量による)にもかかわらず、本体だけであれば1万円を切っている(執筆時点)という価格に要注目

前方向のみの撮影ながら、水平122°の広角撮影仕様になっており、高確率で有効な証拠を残せるはず。

フロントガラスに貼り付けて設置するタイプであり、カメラが設置されていることが外からでも視認されやすく、大きな抑止力を得られるはずだ。

以上3点、それぞれのメリットを活かして防犯対策しておきたいところだ。

(文・ 田中 宏和)

Image/Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み