無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


コンテナ2つを組み合わせたミニマルな家…プレハブで低コスト、移動も可能

Wiercinski-studio,

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

  • ポーランドの建築デザイン事務所のヴェルチンスキ・スタジオが、移動可能なタイニーホームを作った。
  • このプレハブ住宅は、使われなくなった2つの輸送用コンテナを組み合わせて作られている。
  • この家はクライアントに渡ったが、同スタジオの創設者は、「ベースとなったバージョン」は5万ドルで作れると話している。

ポーランドを拠点とするデザイン事務所「ヴェルチンスキ・スタジオ(Wiercinski-studio)」は移動可能なタイニーホームを創作している

Wiercinski-studio's portable cabin made out of a shipping containers.Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


しかしヴェルチンスキ・スタジオのものは、現在市販されている多くのタイニーハウスとは異なり、トレーラーの上にあるようなプレハブ住宅ではない

61a8fe2f0ed48c0019e560ae

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


このタイニーホームは、使われなくなった輸送用コンテナを利用していて、大きな金属製の箱に新たな命を与えている

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


輸送用コンテナは誰でも知っているが、コンテナ不足がサプライチェーン問題の原因の1つであることは知らないかもしれない

Niels Wenstedt/BSR Agency/Getty Images

2021年4月4日、オランダのロッテルダム港に停泊中のコンテナ貨物船。ロッテルダムはアジア以外の地域では最大の海運港である。

Niels Wenstedt/BSR Agency/Getty Images

Source: Insider


しかし、主な港で夥しい数の輸送用コンテナが滞留して、輸送業者がその大きな金属製の箱の調達に苦労している中で…

Jeff Gritchen/MediaNews Group/Orange County Register via Getty Images

ロサンゼルス港に隣接するコンテナ港、ロングビーチ港。

Jeff Gritchen/MediaNews Group/Orange County Register via Getty Images

Source: Insider


…タイニーホーム、プール、ホテルなど輸送用コンテナを利用した居住空間への関心が急速に高まっている

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Insider


その一例が、ヴェルチンスキ・スタジオの、2つの輸送用コンテナを組み合わせて作られたタイニーホームだ

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


2つのコンテナを組み合わせると、広さ39.4フィート(約12メートル)×8.2フィート(約2.5メートル)、高さ9.5フィート(約2.9メートル)のタイニーホームが出来上がる

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


プレスリリースによると、ヴェルチンスキ・スタジオでは周囲の環境に馴染むようにコンテナを緑色に塗装したが、「元々の建築材料を正直に示す」ため、コンテナの特徴である波板の外観を残したという

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


しかし、広さ581.3平方フィート(約54平方メートル)の家の中は、輸送用の冷たい金属の箱でできているとはとても思えない

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


この家には、ミニマルなキッチンとオフィススペースを備えたリビングルーム、ベッドルームに加えて…

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


…バスタブ、洗面台、トイレ完備のバスルームもある

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


258.3平方フィート(約24平方メートル)の屋外テラスでは、木々の間でくつろぐこともできる

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


プレスリリースによると、このミニマルな家は、「興味深いけれど作り変えるのが難しい空間の探求に興味を持つ勇敢なカップル」のための1回限りのプロジェクトだったという

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


この 「難しい」場所に対応するため、輸送用コンテナのキャビンはここに来る前に作られ…

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


…その後、トラックとクレーンを使って現在の場所に運ばれ、最後の仕上げが行われた

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


ヴェルチンスキ・スタジオの創設者アダム・ヴェルチンスキ(Adam Wiercinski)は、他のプレハブ住宅メーカーと同様、「キャビンをプレハブ化することで、大幅なコスト削減と生産条件の向上を実現した」とInsider宛てのメールで述べている

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Insider


「輸送には制限があるものの、すべての材料が現場にあり、天候に左右されずに制作することができる」とヴェルチンスキは話している

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Insider


このタイニーホームは現在、ポーランドのコミュニティ・ガーデンに設置されている

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


しかし将来的には、この小さな居住ユニットは、森などのノマドなオーナーが次に選んだ場所に移ることになるだろう

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


緑豊かな環境を室内に取り込むために、壁には大きな窓が並んでいる

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


しかし、このコンテナハウスは庭や森だけに場所を限定しているわけではない

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


ヴェルチンスキによると、この小さな家は、だれかの裏庭であろうと、借りた土地だろうと、どんな場所でも機能するという

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


現在のオーナーは、この家を水上に浮かべることに興味を持っているという

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


伝統的な建築では建てる土地に手を加えなくてはならないが、タイニーハウスは物理的な設置面積が小さくて済むという利点がある。隅に支えがあれば、吊るすこともできるとヴェルチンスキは言う

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


同スタジオでは、4カ月から6カ月かけて、2つのコンテナを完全な機能を持つ家に作り変える

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


ヴェルチンスキは、このタイニーハウスの「ベース・バージョン」は5万ドル(約564万円)で制作できるという

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio


小さな家にしては高いと思うかもしれないが、輸送用コンテナを利用した家にはいくつかのメリットがあるという。「コンテナを家に作り変えることは、標準的な建設よりもはるかに安いわけではないが、その移動性は大きな利点だ」とヴェルチンスキは話している

Oni Studio

ヴェルチンスキ・スタジオの輸送用コンテナを利用したポータブルキャビン。

Oni Studio

Source: Wiercinski-studio

[原文:A European architecture firm made a $50,000 portable tiny home out of shipping containers — see inside

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み