無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年こそ目標達成!…効果的なトレーニングのために知っておくべきこと

減量にカロリー計算は無意味?…しかし、完全に無視するべきではない

diet

Noel Hendrickson/Getty Images

体重を減らすためには、カロリーを抑えて体を動かすことが大切だと何十年も前から言われてきました。しかし、専門家の中にはこの方法に疑問を投げかける人もいます。

カロリーは食品に関するほかの情報と組み合わせることで、自分のライフスタイルや目標に合わせた最適な方法を、より的確に判断するのに役立ちます。

Learn more?


40年の経験で得た結論は「80:20の法則」…長く続けられる健康的な食事法

デニス・オースティン

デニス・オースティンは、40年にわたりヘルス&フィットネス業界で活躍してきた。

Photo Credit: Alex Jay

フィットネスの専門家、デニス・オースティンが40年間の経験で得た、最適な食生活のルールは、健康的で栄養価の高い食品を80%の割合にして、残りの20%を栄養価に関係なく好きな食品を食べる「80:20の法則」だそうです。

Learn more?


ダイエットにはエアロバイクよりもウェイトトレーニングがおすすめ

ウェイトリフティング

Getty Images

ウェイトトレーニングは、全身を鍛え、カロリー消費と筋肉を鍛えることを同時に行うことができるので、脂肪を燃焼させるには最適な方法です。

また、筋力トレーニングは効率的に運動能力を高めることができるものだそうです。

Learn more?


筋力トレーニングで初心者が陥りがちな5つの間違い

筋トレ

筋力トレーニングは筋肉を増強するのに最適な方法だが、いくつかの間違いが成果の妨げになっていることがある。

Getty/Corey Jenkins

非効率的なオーバートレーニング、過剰な食事制限、睡眠不足などはトレーニング初心者にありがちな失敗です。

トレーニングを効率的に行い、適切な休息を取れば、より高い効果を得ることができます。

Learn more?


ダイエットと筋肉増強を同時に行うときに注意すべき「5つの落とし穴」

ワークアウト

リコンポジションには休息がカギ。

Getty/Peter Griffith

体脂肪を減らし、筋肉を増やす「ボディ・リコンポジション(体の再構築)」。

難しそうに聞こえますが、カロリー摂取が少なくなり過ぎないように気をつけ、タンパク質を十分に摂取するような食生活とトレーニングによって達成できます。

Learn more?

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み