【今なら実質10%オフ】電池寿命が6倍長持ち。ポータブル電源の「Anker 521 Portable Power Station」新登場

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています

近年、ますます人気のポータブル電源。

各社さまざまなモデルが登場しているが、最近のトレンドは長寿命。「たくさん使っても長期間使える」という、日々の生活のなかで導入しやすい高耐久モデルが人気となっている。

本日発売されたAnkerの新型、Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)もまた、そうした高耐久モデルだ。

リン酸鉄リチウムイオン電池で長寿命化を果たした

2021-12-05Ankerk04

Image: アンカー・ジャパン

最大の特徴は、Ankerのポータブル電源で初となる、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したところ。これによって長寿命(最大容量が80%まで低下するまでの充放電サイクルは3,000回以上)を実現している。

非常用電源として安心できるのはもちろん、週末キャンプに持ち出しても良し、PCやガジェットの充電のピークシフトを狙うも良し!

日常の中でガシガシ使っていけるのがポイントだ。

2021-12-05Ankerk03

Image: アンカー・ジャパン

バッテリー容量は256Wh(80,000mAh)というコンパクトなモデルで、持ち出しやすいサイズ感なのも要注目。

小型ながら正弦波対応AC出力が2口(200Wー瞬間最大600W)、USB-Aが2ポート。USB-Cが1ポート、シガーソケット1ポートという構成で、合計6ポートの出力は使い勝手が良さそうだ。USB-Cは最大で60Wで出力できるので、PCの充電にも十分。

この日常で使いやすそうな「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」の価格は24,800円で本日から販売開始。Amazonでは販売記念セールとして2,480円分のポイント還元を行っていて、実質10%オフ!

セールは200台限定なので、カジュアルなポータブル電源ライフに憧れる方は、早めの確保を!

ちなみに、対応するAnkerの100Wソーラーパネル「Anker PowerSolar 3-Port 100Wはこちら。セットで揃えれば、より安心できそうだ。

(文・小暮ひさのり)

Source: アンカー・ジャパン, Amazon

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み