無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「TikTokは中毒性が高い」と言われるのはなぜ?…ユーザーを退屈させないアルゴリズムとは

tiktoknew

NurPhoto/Getty Images

  • TikTokは、ユーザーに飽きられないように、「おすすめ」フィードを多様化させている。
  • それは「ユーザーのおすすめフィードにこじつけのレコメンドを行う」ということだと、内部文書で明らかになった。
  • TikTokは、特に中毒性の高いアルゴリズムを採用していると批判されている。

大人気の動画共有アプリ「ティックトック(TikTok)」は、ユーザーにできるだけ長く夢中になってもらうために、「おすすめ(For You)」のフィードを意図的に多様化させていると、ニューヨーク・タイムズ(NYT)が2021年12月6日に報じた。

北京に拠点を置くティックトックのエンジニアリングチームは、技術者ではない他のスタッフへの説明用に「TikTok Algo 101」と題した社内文書を作成した。それを閲覧したNYTによると、この文書では「おすすめ」のアルゴリズムなど、ユーザーにスクロールし続けてもらうための方法について、幅広い側面から詳しく説明されているという。

NYTによると、文書には「ユーザーがある動画を気に入ったとしても、アプリがそれと同じような動画をおすすめし続けたら、ユーザーはすぐに飽きてアプリを閉じてしまうだろう」と書かれている。

「ユーザーが同じような動画を見ることで生み出される価値の合計は、個々の動画を別々に見た場合よりも少なくなる。繰り返しは飽きにつながるからだ」

文書では、ユーザーのホーム画面の多様性を保つ解決策のひとつとして、「おすすめフィードでのこじつけのレコメンド」を挙げている。

ティックトックの広報担当者はNYTに対し、この文書は実在するもので、アルゴリズムの仕組みを説明するために作成したものだと認めた。

また広報担当者はInsiderに「我々は、ティックトックで人々に喜びをもたらしたい。何事もやり過ぎると、我々が目指している多様な発見体験にそぐわないことは認識している」と語っている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み