無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


UBSが推奨する「4つの破壊的技術」。今後5年でアップルやテスラを上回る成長率が見込める分野とは?

ビッグデータ

ビッグデータはUBS が今注目している4つの破壊的技術のうちの1つ。

Wu Dongjun/Getty Images

最近の株式市場は低迷しているが、テック株もその影響を免れていない。2021年12月初旬、テック株が中心のナスダック株価は4%弱下落し、キャシー・ウッド(Cathie Wood)率いる破壊的技術を中心としたアーク・イノベーション(Ark Innovation)の ETF(上場投資信託)株価も13%急落した。

ブルームバーグ(Bloomberg)によると、これは、S&P500のうち時価総額が最大のアップルがサプライヤーにiPhone13の需要が減速したと明かしたことで、アップルに関する否定的な報道を受けた結果だという。

スイス最大の銀行であるUBSは、現在もテック株投資を有効な戦略として支持しているが、アップルやテスラのような超大手テック銘柄よりも、時価総額が中小規模で、破壊的技術を持つテック企業の銘柄を投資先として優先したいと考えている。

UBSのマーク・ヘフェル(Mark Haefele)最高投資責任者(CIO)は最新のリサーチノートの中で、「現在の市場低迷は、必ずしもテック業界の景気後退が進んでいることを示すものではなく、堅調な分野もあります。投資家は、他の重要なテック分野への投資や、2022年以降に見込まれる成長を見失ってはなりません」と述べている。

米証券取引委員会(SEC)によると、UBSは2兆6000億ドル(約295兆円)相当の資産を持つ世界最大の資産運用会社である。UBSはこれまで、破壊的技術を暗号通貨への投資に代わる現実的な選択肢と位置づけてきた。

ヘフェルのチームは、メガキャップ(超大型)のテック株に投資すればある程度は破壊的技術をカバーできることは認めつつ、それらのバリュエーション(訳注:企業価値に対して相対的に株価が割安か割高かの基準)が現在のような高水準にある場合は、投資家は他に成長余地のある小型株を探す必要があると主張する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular