無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代はメタバースの将来性を信じていない…最新の調査で

Facebook, now called Meta, has created a number of images to show how the metaverse might look in the future.

フェイスブック(現在のMeta)はメタバースがどのようなものかを示すために、いくつかの画像を作成した。

Facebook

  • 最新の世論調査によると、メタバースが次の大きなトレンドであり、日常生活の一部になると考えているZ世代はわずか38%だった。
  • 投資家や大手企業が、若い人たちがメタバースブームの原動力になると期待しているのにも関わらずだ。
  • ハリス・ポールの調査によると、Z世代とミレニアル世代を合わせれば10人中7人がメタバースに関心を持っている。

投資家や大企業は、メタバースに若者が集まり、バーチャルな未来の推進力となることに賭けている

しかし、アメリカの市場調査および分析会社であるハリス・ポール(Harris Poll)の新しい調査によると、Z世代にメタバースが未来の姿であることをもっと納得させる必要がある。

「メタバース(metaverse)」とは、人々がアバターを持ち、ゲームをしたり、仕事をしたり、物を作ったり、パフォーマンスを見たりなど交流する仮想世界を指す言葉だ。

1997年から2012年に生まれたZ世代のうち、「メタバースは次の大きなトレンドであり、今後10年間で我々の生活の一部になるだろう」と考えているのは、わずか38%であることが分かった。仮想世界を信じている人たちにとってより心強いニュースは、25歳から40歳であるミレニアル世代の間では、そう考える人が48%だったことだ。

全体的に見ると、Z世代とミレニアル世代の10人に7人がメタバースでの交流に興味を持っていた。

最近、フェイスブック(Facebook)はがメタ(Meta)にブランドを変更し、仮想世界に活動の中心を移すことを発表してからメタバースの周囲では大々的な宣伝が行われている。また、ナイキ(Nike)アディダス(Adidas)などの大企業がプロジェクトを準備しているところだ。

ウォール・ストリートのアナリストたちは、メタバースに対してますます強気になっている。若い人たちはすでにゲームに慣れ親しんでいて、オンラインで多くの時間を過ごしているため、自然とバーチャルリアリティに興味を持つだろうと主張しているのだ。

「Z世代は、メタバースの早期導入を大きく促進する要因になるだろう」とサイモン・パウエル(Simon Powell)率いるジェフリーズ(Jefferies)のアナリストたちは、2021年12月6日に述べている。

「最初は暗号資産(仮想通貨)を稼ぐための遊びやゲームの形式を取るだろうが、ゆくゆくは人間の活動のほぼすべてに拡大していくだろう」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み