無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スタンフォード大教授が教える、リモートワークで管理職がやるべきこと


Nicholas Bloom William D. Eberle Professor in Economics, Stanford University.?Elizabeth Viggiano

スタンフォード大学の経済学教授、ニコラス・ブルーム。

Elizabeth Viggiano

  • 若い人や子どもを持つ女性は、リモートワークが昇進に影響を与える可能性がある。
  • スタンフォード大学の経済学の教授、ニコラス・ブルームが、管理職のためのヒントを提供してくれた。
  • 彼は、画面共有を多くして、「仕事以外」のチャットも行い、ズーム疲れとうまく付き合うことを学ぶべきだと話している。

リモートワークにはメリットがある反面、デメリットもいくつかある。

ハイブリッドワーク(リモートワークとオフィスワークを組み合わせた働き方)は、うまく管理が行われていない場合、意図せずキャリアアップに影響を与えてしまう可能性がある。働く母親よりも男性を、遠くにいる人よりも近くにいる人を優遇する文化を生み出してしまうからだ。

また、さまざまな調査で、若年層がリモートワークに進歩を阻まれていると感じているという結果が出ている。これはオフィスの休憩所での雑談などでアイデアや経験を共有する機会を逃してしまうからだという。

オミクロン株の出現により、とりわけグーグル(Google)を初めとするいくつかの企業は、今後の働き方を再度見直すことになった。長期にわたるリモートワークは、企業が注意を怠ると、こうした困難を定着させてしまう可能性がある。

スタンフォード(Stanford)大学の経済学教授であるニック・ブルーム(Nick Bloom)は20年前からリモートワークの影響を研究し、大手テック企業に従業員がオフィスに復帰するためのアドバイスをしている。ブルーム教授の調査によると、若年層に関してはリモートで働くことでキャリアアップに影響が出ることが分かっている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み