リゾート企業がVRによる仕事体験を導入…ミスマッチによる離職を減らすために

61af79f005e39a0018879611

応募者はヘッドセットを装着し、MGMリゾーツでの仕事が期待通りのものかどうかを確認することができる。

Courtesy of MGM Resorts

  • MGMリゾーツは2022年1月からVR企業、STRIVR製のヘッドセットを採用センターで使用する予定だ。
  • MGMリゾーツは、志願者にVRでの務を体験させてから、その仕事に応募させようとしている。
  • カジノやホテルを経営する同社はVRによって従業員の離職を抑えられるのではないかと期待している。

米MGMリゾーツ(MGM Resorts)では、従業員の離職を減らすことを目的として、応募者にバーチャル・リアリティ(VR)を使って仕事を体験する機会を提供している。

ラスベガスのベラージオ(Bellagio)やMGMグランド(MGM Grand)など世界的に有名なカジノホテルを有する同社は、VRのヘッドセットを使用することで、応募者が、その仕事が期待に沿うものなのかどうかを確認してもらいたいと考えている。

「職務の内容を口頭やビデオを見せることで説明するのは、非常に難しい場合がある。このVR体験では応募者はヘッドセットを装着し、実際に仕事を体験することができる」とMGMリゾーツの最高人事責任者、ローラ・リー(Laura Lee)はInsiderに語った。

全米的な労働力不足の中、企業は新しい人材を獲得し、維持するために努力しなければならなくなっている。多くの企業では従業員を採用しても、彼らが期待していた仕事ではなかったため、しばらくして辞表を提出することになっている。特にホスピタリティ業界では、記録的な数の労働者が仕事を辞めている

リーは、実体験のように感じられる没入型テクノロジーであるVRを離職率の低下に役立てようとしている。2021年1月から、同社の雇用センターや就職説明会でVRヘッドセットを導入し、研修に使用する可能性もあるという。

これまでもMGMリゾーツでは、応募者に役割を理解してもらうために、日常業務のビデオでの説明や現役社員とのチャットを行っていたが、今回のようなものはなかったと、リーは話している。

パンデミックの間に、ゲストの態度が悪化したと訴える接客業従事者もいる。このようなシナリオに備えて、MGMリゾーツのVRモジュールには、「難しいゲストとのやり取り」も含まれているとリーは話す。

VRを使って職務を体験した後に、「間違いなく」自分には向いていないと判断する志願者がいるだろうと予想していたという。

志願者の中には、その仕事がどれほど難しいかを知らずに仕事に就いてしまうことがあると彼女は言う。また、もし、MGMリゾーツが最近オープンしたカジノにVR体験を利用していたら、「そのポジションを引き受けた後に、思っていたものと違うと気付いた人の離職を解消できたかもしれない」とリーは付け加えた。

Laura Lee said MGM Resorts would be implementing the headsets at its employment centers

MGMリゾーツのローラ・リーによると、同社は雇用センターでヘッドセットを導入する予定だという。

Courtesy of MGM Resorts VR

リーはMGMリゾーツが今後日本に進出する際に、このVRが役立つだろうと話している。現在、日本にはカジノがなく、MGMリゾーツが90億ドル(約1兆200億円)を投じて大阪に建設するカジノが最初のものとなる見込みで、従業員になる人はこの種の仕事がどのようなものなのか、よくわかっていないかもしれない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み