無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソフトバンクG「軍事防衛向け技術を商用車に応用」自動運転企業に250億円出資。LiDAR開発のルミナーも参画

prime_robotic_SVF2_top

ロボティック・リサーチ(Robotic Research)の自動運転キット「AutoDrive」搭載の商用車ラインナップ。

Business Wire

ソフトバンクグループはじめ数社が、自動運転技術開発を手がけるロボティック・リサーチ(Robotic Research)に2億2800万ドル(約250億円)を出資する。

ロボティックは、グーグルの兄弟会社ウェイモ(Waymo)やゼネラル・モーターズ傘下のクルーズ(Cruise)、アマゾン出資のオーロラ・イノベーション(Aurora Innovation)など有名どころが手を出してこなかった車載アプリケーションを主戦場とする。

自動運転分野ではここ数年で最大規模の資金調達案件となりそうだ。

同社は2002年、現最高経営責任者(CEO)のアルベルト・ラカーズと現バイスプレジデントのカール・マーフィーが共同設立。商用部門のRR.AI(アールアールドットエーアイ)を通じて、軍事・防衛産業向けの技術をバスやトラック、物流など商用車に展開している。

ラカーズの説明によれば、エヌビディア出資のトゥーシンプル(TuSimple)、ウォルマートやロブロウなど小売り大手と提携するガーティック(Gatik)、中国で大規模な実証実験を進めるプラス(Plus)など、公道走行を想定した自動運転トラックを開発する企業との差別化ポイントは、規制のより厳しくない分野にフォーカスしていることだという。

具体的には、オフロードあるいはダートロード用トラック、シャトルバス、軍用車や農業用車両がそれにあたる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular