無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』について、これまでに分かっていること

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より。

Courtesy of Warner Bros. Pictures

  • 『ファンタスティック・ビースト』のシリーズ3作目は、主人公ニュート・スキャマンダーに再びエディ・レッドメインを迎えて製作されている。
  • ジョニー・デップが演じていたゲラート・グリンデルバルド役は、ドラマ『ハンニバル』などで知られるマッツ・ミケルセンが引き継ぐ
  • 『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日に日本で公開される予定だ。

シリーズ3作目は、ブラジルのリオデジャネイロが舞台

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より。

Warner Bros.

映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、合計5本が「19年間」にわたって製作中だとJ・K・ローリング氏は話している

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフである『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、1945年にクライマックスを迎える見込みだ。1945年はアルバス・ダンブルドアがゲラート・グリンデルバルドと決闘をした年だ。

2016年に公開された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、1927年のニューヨークが舞台だった。2018年に公開された続編では、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)はパリへ行く。

ローリング氏は2018年11月、ツイッターのヘッダーを1930年代のリオデジャネイロの画像に変えて、シリーズ3作目の舞台をほのめかしていた。

2016年10月には、イタリアとドイツも続編の主な舞台になることを暗示していた


ジェシカ・ウィリアムズ演じる呪文学のユーラリー・“ラリー”・ヒックス教授は、次回作でより大きな役割を果たすことに

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より。

Warner Bros.

ラリーはアメリカにあるイルヴァーモーニー魔法魔術学校の教師だ。

シリーズ2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にも、ちらっと登場している。錬金術師ニコラス・フラメルが、本の中の彼女のポートレートを通じて話していた。

ローリング氏は「ファンタスティック・ビースト2では、ラリーの手がかりしか見えていない。彼女の本当の素晴らしさは、ファンタスティック・ビースト3で明らかになる」とツイートしている


グリンデルバルドはジョニー・デップに代わって、マッツ・ミケルセンが演じる

グリンデルバルド

ゲラート・グリンデルバルド。

Warner Bros.; Warner Bros.

2020年11月、デップはインスタグラムでワーナー・ブラザースから降板を求められたことを明かした。

「ファンタスティック・ビーストのグリンデルバルドの役を降板するようワーナー・ブラザースから求められ、わたしはその要求を尊重し、合意したことをみなさんに知ってもらいたい」とデップは書いている。

デップが降板したのは、記事の中で自身を「DV夫」と報じたイギリスのタブロイド紙『ザ・サン』に対する名誉棄損訴訟で敗訴した数日後のことだった。

2015年に結婚した、映画『アクアマン』などで知られるアンバー・ハードによる家庭内暴力の申し立てをデップは繰り返し否定している。ハードは2016年に離婚を申請して以降、デップの家庭内暴力を訴えていた

ローリング氏はデップの起用擁護していた。自分は「証拠」を見たとし、デップが訴えられたのは誤りだとしていた。その一方で、『ファンタスティック・ビースト』に出演するエズラ・ミラーは、デップのシリーズへの関与について出演者は誰も相談を受けていないと話した。

2020年11月のインスタグラムへの投稿で、デップは裁判所の判断が「真実を語るという自分の戦いに影響を与えることはなく、不服申し立てをするつもりだ」と述べた。

デップが演じた役はどうなるのか、ワーナー・ブラザースの広報担当に尋ねたところ「ジョニーのこれまでの作品への取り組みに感謝しています。『ファンタスティック・ビースト3』は現在製作中で、ゲラート・グリンデルバルド役は変更されます」との回答だった。

その数週間後、ワーナー・ブラザースはミケルセンがデップに代わってグリンデルバルドを演じると認めた


ネットフリックスのドラマ『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』などで知られるリチャード・コイルがアルバスの弟アバーフォース・ダンブルドアを演じる

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より。

Warner Bros.

コイルの出演が最初に報じられた時、配役は明らかにされなかった。

2020年1月に行われた『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』の共演者ルーシー・デイヴィスとのインスタグラムのライブ配信で、コイルはこのプロジェクトに約5カ月取り組んでいることを明かした。

コイルはこれ以上の詳細は明かせないと話していたが、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が彼の"ひげ"の理由だった。

最初の予告編でコイルが演じる役が分かった。


『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日に公開予定

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より。

Jaap Buitendijk/Warner Bros. Pictures

公式サイトによると『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじはこうだ:

主人公のシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートは、史上最悪の魔法使いグリンデルバルトの魔の手が魔法界に忍び寄っていることを知ったダンブルドア先生から助けを求められ、ある任務を託されます。ニュートを筆頭に、その助手バンティ、兄のテセウス、名門魔法族の末裔であるユスフ、教師のユーラリー、そしてマグル(=非魔法族)のジェイコブと共にデコボコチーム結成し、新たな冒険に出掛けますが…。

デヴィッド・イェーツが再び監督を務め、ローリングはスティーブ・クローブスと共同で脚本を担当する。

映画はもともと2021年11月12日に劇場公開される予定だった。撮影は2020年春に始まる計画だったが、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で延期された。

その後、感染防止対策を講じた上で2020年9月に撮影が始まったと、レッドメインはCinemaBlendに語っている。

2021年12月に公開された予告編はこちら

[原文:What we know about 'Fantastic Beasts 3: The Secrets of Dumbledore,' so far

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み