無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大退職が続くといわれる2022年、転職活動中の人が企業に求める3つのこと

就職希望者

Thana Prasongsin/Getty Images

いまどきのアメリカの労働者は、自分を評価してくれないと感じる仕事を辞めるのにためらうことをしない。

アメリカ労働省統計局(the Bureau of Labor Statistics)の最新レポートによると、10月の求人件数は1100万件だったが、420万人の人が離職している。退職した人の数が過去20年で最も高かった2021年9月(440万人)からは、わずかに減少しただけだ。

また、ソフトウェア企業のクアルトリクス(Qualtrics)がフルタイムやパートタイムで働くアメリカ人1000人以上を対象に行った調査では、管理職の53%と会社員の44%が2022年に転職活動を予定していると回答しており、2022年も退職者数は似たような数になりそうだ。

この2つの調査から、「大退職(Great Resignation)」は今後も続くと予想される。最高の人材を獲得したいと考える企業にとっては示唆に富む調査結果と言えるだろう。特にクアルトリクスのレポートは、転職活動中の人が新しく就職しようとする会社に求めるポイントを示している。「会社の期待値を明確に伝える」「社員の心と体の健康を重視する」「就業規則をはっきり伝える」の3点だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular