残業減が影響?平均年収は6万減少の「403万円」に。一方、年収が急増したのは"あの業界"

_MA_0059

dodaが発表した2021年平均年収の調査では、2020年よりも平均年収が4万円減少していた(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

「コロナの影響で週に3日はリモート勤務になりました。リモートの日は営業先への移動時間がないので、残業時間も1日2時間くらいは減っています。その分、月収も数万円は減ってしまい、これまで月に3~4回はゴルフに行っていたのを、1~2回に減らしています」

物流関連の企業で営業職として働く35歳の男性はそう話す。

転職サービスdodaを運営するパーソルキャリアは、2021年のdoda利用者の平均年収を発表した。

発表によると2021年の平均年収は、2020年と比べて6万円も減って403万円。同じ方法で調査を始めた2017年の平均年収418万円で、過去4年間で15万円も安くなっている。

この結果についてdodaは「テレワークの普及や営業時間の短縮による残業代の減ったことが一つの要因」と分析している。

doda1

2021年の平均年収の減少は、コロナによる影響も大きいとみられる。

出典:doda「平均年収ランキング2021」

金融とコンサルが年収上位独占

dodaによる2021年の平均年収調査は、2020年9月から2021年8月、dodaに登録したユーザーデータから算出した。20歳~65歳の正社員が対象で、有効回答数は約45万件。

この調査では、業界や業種ごとの平均年収をランキング形式で発表している。

最新の2021年調査では、平均年収の上位3位は次の職種だった。

1位、投資銀行業務…平均年収903万円

2位、運用(ファンドマネジャー/ディーラー)…平均年収744万円

3位、MR…平均年収713万円

トップ10には他にも、4位にリスクコンサルタント(704万円)、7位に業務改革コンサルタント(667万円)、9位に戦略/経営コンサルタント(664万円)などがラインクインしている。

金融とコンサルがランキング上位を占めたが、ここ数年、傾向に大きな変化はないという。

doda3

出典:doda「平均年収ランキング2021」

「ゲーム業界」が年収上昇1位

nintendo

コロナ禍でも好調だったゲーム業界。

shutterstock

一方、コロナを追い風に平均年収が急伸した業界もある。

2021年の調査で、平均年収が最も増えたのは「ゲーム/アミューズメント機器メーカー」だった。平均年収は490万円で、2020年に比べ57万円も増加した。

コロナによる巣ごもり需要を受け、ゲームメーカーの業績は好調だ。

任天堂は、「あつまれ どうぶつの森」のヒットなどを受け、2021年3月期決算で過去最高益を記録またスマートフォンアプリでは、サイバーエージェント傘下のサイゲームスが2021年2月に配信した「ウマ娘 プリティーダービー」が大ヒットし話題を集めた。

40歳代のゲーム制作会社の関係者は、次のように話す。

「ヒット作があるかどうかで各社の給与レンジは左右されると思いますが、コロナ禍で成長している企業も多いと感じます。業界内では優秀な人材の取り合いも続いており、これから数年は、給与水準が上がっていくのではないかと期待しています

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み