無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フォードのEV販売戦略のカギは、電動バン「Eトランジット」だった

Ford's E-Transit is helping electric vehicles go mainstream.

フォードのEトランジットは電気自動車の主流化に貢献している。

Ford

  • フォードは2020年に全電動型カーゴバンの「Eトランジット」を発表した。
  • アマゾンのようなEコマース企業をはじめ、多くの業種の企業がカーゴバンを利用している。
  • フォードによると、Eトランジットはサステナブルであり、企業の経費や消費電力量を節約することができるという。

フォード(Ford)はカーゴバンを電気自動車に変え、人気のピックアップトラック「F-150」のEV版、F-150ライトニングへの道筋をつけた。同社の2022年式「Eトランジット(E-Transit)」は、フォードの電気自動車が一般に受け入れられるかのベータテストとして役立ったという。

フォードは電動カーゴバンのEトランジットによって、電気自動車に対する懐疑的な見方を覆し、法人顧客の期待を上回る方法を見出したのだ。フォードがF-150ライトニングを発表して絶賛される前から、Eトランジットは2万4000台の予約を受け、事業者が電気自動車を導入する転機となっていた。その後、フォードは電気自動車部門への投資額を300億ドル(約3兆4000億円)に引き上げている。

Eトランジットの発売は、アメリカの自動車メーカーがガソリン車から脱却するための新たな一歩となる。ヘンリー・フォード(Henry Ford)が作った大量生産車、T型フォード(Ford Model T)は事実上、最初の電気自動車を消滅させたとも言える。フォードは組立てを流れ作業にしたことで、低価格で多くの自動車を提供した。それから100年以上経った今、その考えをEVに応用しようとしている。

商用車は普遍的で必要不可欠

フォードに30年近く勤める、EV部門ジェネラルマネージャーのダレン・パーマー(Darren Palmer)は、ベストセラーであるトランジットの影響力を理解していた。彼は「トランジットを電動化すれば、多くの人の生活や環境に大きな変化をもたらすと思った」とインサイダーに語っている。

住宅リフォーム、観光、物流などを含むさまざまな事業者がカーゴバンを利用している。2020年、フォードは全電動型の2022年型Eトランジットを発表し、2021年11月22日に最初の1台が出荷された。

A Ford E-Transit on a construction site.?Ford

建設現場で活躍するフォードEトランジット。

Ford

ピックアップトラックのF-150ライトニングの発表時と比べると、その滑り出しは静かなものだった。しかし、すでに成功しているとパーマーは言う。

「それは静かに、北米とヨーロッパで主要な電動商用車のひとつになるだろう」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み