無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ハーレーダビッドソンの電動バイク部門「LiveWire」SPAC上場が成功すると言える「4つの理由」バンカメ分析

prime_livewire_motorcycle

ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)が2019年に発表した電動バイク「ライブワイヤー(LiveWire)」。

Harley-Davidson

ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)はアメリカンバイクの真髄(しんずい)とも言えるブランド。ガソリンを食って爆音をまき散らす、ゴツいヤツだ。

同社の電動バイク部門「ライブワイヤー(LiveWire)」はいま、バイク乗りの誰もが知り、愛するこのブランドなら電動化しても大成功間違いなしと考える投資家たちとともに、ブランクチェック(白地小切手)カンパニーとの合併を通じた上場を準備している。

12月13日にハーレーが計画を発表した。米ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、ハーレーのヨッヘン・ツァイツ会長兼最高経営責任者(CEO)がライブワイヤーの会長に就任、CEO代行を(最長で2年間)務める。上場後、ハーレーの保有株式は約74%になるという。

企業価値17億7000万ドル(約2000億円)のライブワイヤーと合併するのは、特別買収目的会社(SPAC)AEAブリッジズ・インパクト。電動バイクの持つ大きな未来に賭ける。

ハーレーの投資家向けプレゼン資料によれば、電動バイクの2021年時点での獲得可能な最大市場規模は25億ドル(約2800億円)で、普及率は6%だが、2025年までに普及率は15%、市場規模はおよそ3倍増の77億ドル(約8800億円)に達する見通しだ。

ライブワイヤーの動きは、過去1年間で相次いだ電気自動車(EV)スタートアップのSPAC上場に続くもの。ただし、首尾よく上場を果たしたそれらのスタートアップも、開示情報をめぐる不正疑惑で株価が迷走するなど必ずしもうまくいっているところばかりではない。

また、ハーレーの電動バイク部門分割上場には、いまのところ向かい風が吹いているようにも見える。ライブワイヤーが2021年に販売した電動バイクは400台にも満たなかったからだ。

しかし、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のボビー・オームズの見立てでは、長期的に見たとき、この合併はSPAC(AEAブリッジズ・インパクト)の出資者たちにとって理にかなっているという。

オームズはその理由について以下の4点をあげる。

1.ハーレーの圧倒的なブランド力が発揮される

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular