無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


観光客に大人気のバリ島、2021年の海外からの観光客はたった45人だった

ングラ・ライ国際空港

バリ島のングラ・ライ国際空港(2021年10月9日)。

Antara Foto/Fikri Yusuf/via REUTERS

  • 2021年の最初の10カ月で、インドネシアのバリ島を訪れた観光客の数はたった45人だったとCNNが報じた。
  • 2019年には600万人の観光客がバリ島を訪れた。2020年はパンデミックの前に100万人が島を訪れていた。
  • バリ島は10月に観光客の受け入れを再開したが、観光客には到着後、10日間の隔離が義務付けられている。

2021年、観光客に人気のバリ島を訪れた海外からの観光客の数は記録的な少なさだったと、インドネシア当局が発表した。

CNNによると、2021年1月から10月の間にバリ島を訪れた人の数はたった45人だったという。

「外国人観光客の訪問者数としては、これまで記録してきた中で最も少ない数字だ」とバリの観光部門の責任者Nyoman Gede Gunadika氏はCNNに語った。

バリ島は新型コロナウイルスのパンデミックを受け、2020年3月に海外からの観光客の受け入れを取りやめ、2021年10月に受け入れを再開したばかりだ。

2021年の訪問者数は、例年の数字に比べると圧倒的に少ない。

2019年には、600万人以上の海外からの観光客がバリ島を訪れている。1年の大半をパンデミックが占めた2020年ですら、島は100万人の観光客を受け入れていた。

観光客

バリ島のリゾートでブランコを楽しむ観光客。

Getty Images/Fabio Formaggio / EyeEm

バリ島は経済のほとんどを観光業に依存していて、全体の約80%を占めている。それでも、インドネシアは観光客の受け入れを厳しく制限した。

無料で取得できる観光客用のビザが手に入らなくなったため、バリ島を訪れる人は295ドル(約2万9000円)を払ってベーシックな電子査証(eVisa)を取得しなければならない

また、バリ島を訪れた人には複数回のPCR検査、医療保険への加入、ホテルでの10日間の隔離が義務付けられている。これにより、旅費が1000ドル(約11万円)高くなる可能性があるとバリの観光局は警告している。

バリ島がこれまで多くの観光客を引き付けてきた大きな要素の1つは、相対的なコストの低さだ。そのため、こうした新たな変更は大きな障害となる可能性が高い。

パンデミックが始まった頃、多くの観光客がすでにバリ島にいた。そして、現地のルールに従わない観光客も散見され、観光客と現地住民の間の緊張は急速に高まった

Insiderが5月に報じたように、インドネシアは「新しいバリ」を打ち出すべく、年内に108の新たなインフラ計画に約2億7500万ドルを投じる考えだ。

[原文:The wildly popular holiday island of Bali had just 45 international tourists in 2021

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み