無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メタバース戦争の行方はどうなる?…「自由=分散型」は死守できるのか、それともビッグテックが支配するのか

フェイスブックはメタバースがインターネットの未来だと確信している。

フェイスブック(現Meta)はメタバースがインターネットの未来だと確信している。

Facebook

  • 暗号資産(仮想通貨)の熱狂的ファンとフェイスブック(現Meta)のような巨大テック企業の間で、メタバースの未来をめぐる戦いが起きている。
  • ブロックチェーン技術を基盤とするアクシー・インフィニティやザ・サンドボックスなどのメタバースゲームは、2020年頃から人気が高まっている。
  • しかし、暗号資産のファンは、巨大テック企業がいずれメタバース空間でも、より中央集権的な支配を始めるのではないかと懸念している。

フェイスブック(Facebook:現Meta)はメタバースに突き進んでいるが、それを快く思っていない人が多い。俳優のキアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)もその1人だ。

「フェイスブックがメタバースを発明したという風に考えるのはやめよう」と、2021年12月初めに彼は The Verge に語っている。

「もう勘弁してくれ、という感じだ」

リーブスの見解は、ザ・サンドボックス(The Sandbox)のように独自のメタバースを急速に展開している暗号コミュニティで、広く共有されている。

実際に、暗号コミュニティとフェイスブックやマイクロソフト(Microsoft)といった巨大テック企業との間で戦いが起ころうとしている。暗号ファンは、ルールに縛られない創造やNFT(非代替性トークン)の取り引きができる「分散化」された世界が危機に瀕している、と心配している。

メタバースとはいったい何なのか?

メタバースとは何か、あるいはメタバースが実現するかどうかに関して、一致した意見はない。

現時点で、このあいまいな用語はユーザーのアバターがゲームをしたり、交流や仕事、イベントへの参加、アイテムの創造や販売などをしたりする仮想世界を意味しており、ヘッドセットを身に着けてアクセスすることが多い。

多くの信奉者にとって、メタバースは巨大テック企業によるインターネットの支配から逃れるチャンスであり、だからこそ「分散型」でなければならない。つまり、特定の組織にすべてをコントロールさせることなくネットワークを構築できるブロックチェーン技術を基盤として動くものでなければならないのだ。

ザ・サンドボックスやディセントラランド(Decentraland)などのメタバースでは、すでに暗号技術が使われている。所有権をブロックチェーン上に恒久的に保存できるNFTこそが、彼らが本当に楽しめるゲームを創造する際の中核となっている。

ベンチャーキャピタル、ヒロ・キャピタル(Hiro Capital)のブロックチェーン専門家ジョン・ジョーダン(Jon Jordan)は「オープンであることが必要だと思う」とInsiderに語っている。

「すでに(インターネットで)やっていることを、(メタバースで)行うために仮想現実用のメガネを追加しても、何も変わらない」

ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)のアナリストは最近公開したノートで、暗号技術がメタバースの基盤になるだろうと述べた。というのもそれによってユーザーは、中央にいる組織の許可を得ることなく、安全に資産を所有し、プラットフォーム間を移動できるようになるからだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み