無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米資産運用最大手ブラックロックのETF商品責任者が予測する2022年「3つの投資メガトレンド」

ブラックロック ロボット 自動化

米資産運用最大手ブラックロック(BlackRock)が2022年のメガトレンドのひとつに挙げるのが「オートメーション(自動化)」だ。

Yuichiro Chino/Getty Images

新型コロナウイルスの変異株、サプライチェーン危機、吹き荒れるインフレの嵐……2021年は株式市場にとって悪い意味で激動の年だった。機関投資家や個人投資家も相当苦しめられた。

そしていま多くの人たちが、2022年はどんな年になるのかに思いをめぐらせている。

米資産運用最大手ブラックロック(BlackRock)が運用する世界シェア首位の上場投資信託「iシェアーズ(iShares)ETF」メガトレンド・セクター・インターナショナル商品責任者のジェフ・シュピーゲルは、その問いに対する答えを持っている。

シュピーゲルは「1300億ドル(約14兆7000億円)規模のテーマ商品を運用するブラックロックのアクティブ/インデックス投資チームのインサイト(洞察)」をもとに、2022年に「デジタルトランスフォーメーション」「オートメーション」「イミュノロジー(免疫学)」という三つのトレンドが加速するとみる。

さらに、これらのトレンドに乗って資産を成長させるために、「投資家の広く多様な(個別の)テーマへのアクセスを可能にするインデックスETF」あるいは「ポートフォリオマネジャーがテーマ投資と(少数の銘柄に投資を集中させる)エクスポージャーをローテーションさせるアクティブETF」の検討を推奨する。

1.デジタルトランスフォーメーションの進捗

シュピーゲルによれば、作業環境のクラウド化、5G(第5世代移動通信システム)の普及拡大、サイバーセキュリティの強化など最近の取り組みによって、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション」が加速している。

「クラウドサービスは企業のオペレーション変革を促し、サーバーコストの削減とスケールアップが進んでいます」

ただし、その状況にも変化が生じているようだ。

「新型コロナウイルスの世界的流行により、行動制限下の従業員や顧客とリモート環境でやり取りする必要が生まれ、否応なくクラウドの導入が進みました。

2020年から21年にかけては、ロックダウン中も業務を通常通り継続できることに焦点が置かれていましたが、22年はクラウド環境への移行に着手した企業がそれを完了させる年になるでしょう」

ブラックロック クラウド

2020年以降のパブリッククラウドサービスに対するエンドユーザーの支出総額。2022年は推計。

BlackRock iShares

米調査会社ガートナー(Gartner)によれば、クラウドサービスへの支出額は2022年末までに世界全体でおよそ4000億ドル(約45兆2000億円)に達する見通し

シュピーゲルは、こうしたクラウドへの集団移行の結果として、パブリッククラウドへの支出額が2024年までに7160億ドル(約80兆9000億円)に、さらに2030年までに1兆ドル(約113兆円)を超えるとしている。

「市場は企業・組織の9割がクラウドを利用しているという事実にばかり目を向けますが、それよりも、コアアプリケーションの全面的なクラウド移行を終えたのがわずか12%にとどまることのほうがはるかに重要な意味を持つと考えています」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular