無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


エジプトで2500年前のミイラを発見…3つの「黄金の舌」も

エジプトのエル・バナーサで、黄金の舌を持つ古代エジプトのミイラが発見された。

エジプトのエル・バナーサで、黄金の舌を持つ古代エジプトのミイラが発見された。

Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

  • エジプトのエル・バナーサで男女のミイラが発見された。
  • これらのミイラは、冥界の神と話すために口の中に黄金の舌が納められた状態で埋葬されていた。
  • 極めてまれなことだが、墓の1つは完全に密閉された状態で発見され、ミイラの保存状態は極めて良好だった。

カイロから南に約200キロメートル離れたエル・バナーサで、2つの墓から約2500年前に死んだ男女のミイラ3体が発見された。

エジプト観光・考古省によると、墓の外で3つの「黄金の舌」のお守りも発見されたという。3つのうち2つは大きめで、1つは3歳の子どものものだった。これらは紀元前30年に始まるエジプトのローマ領時代のものだと、The Nationalが報じている。

3つの「黄金の舌」のうち、2つはサイズが大きく、もう1つは3歳の子どものものだった。

3つの「黄金の舌」のうち、2つはサイズが大きく、もう1つは3歳の子どものものだった。

Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

古代エジプトでは、死者が死後の世界で冥界の神オシリスと話ができるように、死者の口の中に金箔を施した舌を入れることがあった。

墓のうちの1つは、紀元前664年から同525年のサイテ王朝のもので完全に密閉されていた。これは非常に珍しいことだ。

墓からは石灰岩でできた棺が見つかり、その中には黄金の舌を口に入れた男性のミイラが入っていた。保存状態は極めて良好だという。他にもコガネムシの形をしたお守り、防腐処理を施された臓器が入った4つのカノプス壺、陶器でできた400個の人形などが副葬品として納められていた。

バルセロナ大学の考古学ミッション共同ディレクターであるエスター・ポン・メラード(Esther Pons Mellado)は、「完全に密閉された墓を見つけることは滅多にないので、今回の発見は非常に重要だ」とThe Nationalに語っている。

完全に密閉されたミイラの墓が見つかることは、滅多にない。

完全に密閉されたミイラの墓が見つかることはほとんどない。

Egyptian Ministry of Tourism and Antiquities

もう1人のミッション共同ディレクターであるメイテ・マスコート(Maite Mascort)は「我々はまだ、棺に刻まれた碑文を分析しているところであり、これが解読できれば、埋葬されていた人物の身元が明らかになるだろう」と、La Vanguardiaに語っている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み