創業者は、株式公開後3年以内にCEOを辞めた方がいい…最新の研究結果で

ツイッター、ジャック・ドーシー

フロリダ州マイアミで開かれたビットコイン・コンベンションに登壇したジャック・ドーシー。(2021年6月4日)

Joe Raedle/Getty Images

  • 株式公開後も創業者がCEOに居座ると、企業の資産価値を損なう可能性があることが最新の分析でわかった。
  • その研究によると、創業者は一般的に上場企業の経営に必要なスキルを持っていないという。
  • この研究はツイッターの創業者、ジャック・ドーシーが投資家の介入でCEOの座を退いた後に発表された。

創業者はいつまで会社にとどまるべきなのか。

投資家と幹部では、この質問に対する意見が分かれることもあるが、この報告を行った研究者は、株式公開後3年以内に退くべきだと考えている。

ノースカロライナ大学とカリフォルニア大学の研究者が行った予備調査によると、創業者は株式公開から3年以内にCEOを退任すべきであるだけでなく、CEOの役職に長くとどまると企業価値を損ねる可能性がある。

「The Founder Premium revisited」と名付けられた研究の報告書では、1900社の財務状況を分析しており、研究の開始時点ではその半数を創業者が経営していた。

調査と分析は現在も続けられているが、創業者は株式公開前とその最中には企業価値によい影響を与える一方で、長くとどまりすぎると、企業の資産価値を損ないかねないことがわかった。

「創業者によって上がった価値は、株式公開からおよそ3年でゼロまで下がり、長期的には企業価値を下げていく」と 著者のブラッドリー・ヘンドリックス(Bradley Hendricks)、トラビス・ハウエル(Travis Howell)、クリストファー・ビンガム(Christopher Bingham)はハーバード・ビジネス・レビューで述べている

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ukraine-crisis

【ウクライナ危機】「ロシアへのエネルギー依存」で弱腰のヨーロッパ。これ以上こじらせたくない事情とは

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Jan. 27, 2022, 01:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み