無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


最大10%還元の「ドコモでんき」が3月1日開始。通信キャリア最後発の戦略とは?

ドコモの電気プラン

NTTドコモは2022年3月から電力事業を開始する。

出典:NTTドコモ

NTTドコモが電力事業に参入して「ドコモでんき」の提供をはじめる。

12月23日に報道関係者向けの説明会が開かれ、3月1日の提供開始と、料金などの詳細が明かされた。

NTTドコモでは、実質100%の再生可能エネルギー利用と10%のポイント還元を武器に、開始1年で150万契約を目指し、早期に新電力事業者として1位を目指す考えだ。

プランは2種類、1つはCO2排出実質ゼロプラン

2種類のプラン

GreenとBasic、2つのプランを用意する。

出典:NTTドコモ

ドコモでんきは、NTTグループ内の小売電気事業者であるNTTアノードエナジーが電力を供給し、それをNTTドコモが取り次ぐ形でユーザーに提供される。

プランは2種類で「ドコモでんき Green」と「ドコモでんき Basic」を用意する。

特徴的なのは「ドコモでんき Green」で、二酸化炭素排出量が「実質ゼロ」という再生エネルギー由来の電力を用いる。

LNG(液化天然ガス)火力などの電源に非化石証書を使用する形なので、あくまで「実質ゼロ」だが、他社でも同様のプランがあり、サービスとしては同じだ。

一方、「ドコモでんき Basic」では通常の電源を利用した電力を供給する。

電気料金は、現在契約している地域電力の従量電灯の料金がそのまま継続するが、Greenのみ、基本料金または最低料金に500円がプラスされる。

dカード GOLDユーザーはポイント最大10%還元

Basic

ドコモでんき Basicの料金プラン

出典:NTTドコモ

使用量に応じた料金ははこれまでと変わらず、既存の契約の解約や工事も不要。それでもドコモでんきを選ぶ理由としては「dポイントによる還元」がある。

dポイントは、利用料金100円ごとにポイントが付与される。Basicの場合、ドコモ携帯電話のギガホ、ギガライト契約、または低価格プラン「ahamo」の契約者であれば3%、他社回線を含むほかの利用者は2%の還元。つまりそれぞれ100円で3ポイント、2ポイントの還元となる。

例えば、1カ月約5000円の電気料金を支払うひとり暮らしのahamoユーザーの場合、Basicに切り替えるとdポイントは毎月約150ポイント付与される。

Green

ドコモでんき Greenの料金プラン。

出典:NTTドコモ

Greenでは、同じくギガホ・ギガライト・ahamoユーザーで、加えてNTTドコモの年会費1万1000円のクレジットカード「dカード GOLD」の契約者であれば、10%のdポイントを還元する。

dカード GOLDがない場合は還元は5%になる。それ以外のユーザーへの還元は3%となる。

例えば、4人家族で1カ月約8300円の家庭があった場合、ahamoかつdカード GOLDユーザーなら、Greenへの切り替えで電気料金は500円がプラスされた約8800円となり、dポイント還元は毎月約830ポイント。

500円を余計に支払い、830ポイントが還元されるため、毎月330円、年間だと約4000円相当のポイントが還元されることになる。

後発の参入、環境意識とdポイント還元を強調

各社の料金

KDDIとソフトバンクは既に電力事業をスタートしている。

撮影:小林優多郎

携帯キャリアの電力事業参入としては、KDDI、ソフトバンクに続いて後発となるドコモ。

すでにKDDIの「auでんき」は300万、「ソフトバンクでんき」は200万の契約を突破しており、これをいかに追撃するかが課題だ。

そこでドコモでは、「グリーン」と「dポイント」を強く打ち出す。カーボンニュートラルなど地球環境に対する意識の高まりの中、ドコモとして環境に貢献できる事業として、ドコモでんき Greenを開発した。

小島氏

先行予約キャンペーンを発表するNTTドコモのビジネスクリエーション部担当部長の小島慶太氏。

出典:NTTドコモ

NTTドコモのビジネスクリエーション部担当部長の小島慶太氏は「環境に優しいだけでなく、お財布にも優しいサービスを出したい」と話す。

auにもソフトバンクにも、二酸化炭素排出量実質ゼロをうたう同様のプランはある(auの「ecoプラン」など)。他社に対するメリットとして、dポイントによる還元を小島氏は強調する。dポイントでの還元が最大10%と高いため、「ポイント還元で(他社サービスに)負けていない」(小島氏)という。

また、1月12日から2月28日の間に予約をしてドコモでんきを契約をすると、もれなく5000ポイントのdポイントをプレゼントするキャンペーンも実施。こうした点を訴求することで、当初1年間で150万契約を目指す。

ドコモでんきに携帯料金とのセット割はないが、dポイントの還元額に差を付けることでドコモ回線利用者にメリットを感じてもらいたい、と小島氏。

さらに、dカード GOLDユーザーであれば、携帯、光回線、電気のいずれも10%還元されることで「わかりやすいプラン」(同)という点もアピールする。セット割に関しては、今後検討を続けるという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み