無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年にVCが注目する最新トレンド19選【前編】。Web3の台頭、NFTブームの行方、資金調達方法に新潮流

2022年にはどんなテクノロジーが登場し、ビジネスの姿を変貌させるのだろうか。

1年前のベンチャーキャピタリスト(VC)による予測では、SPAC(特別買収目的会社)ブームから企業のメンタルヘルス対策予算の増加まで多彩なテーマが挙がり、その多くが実際に2021年を象徴する潮流となった。

そこでInsiderは今回もVCたちに取材を敢行、彼らがウォッチしている投資テーマや、働き方の未来、2022年に顕在化しそうな新たなトレンドは何だと思うか尋ねた。

その結果挙がってきた19のテーマを、前後編の2本立てで紹介する。

1. Web3が主流になる

61c0cf31c3789000180bb0aa

「Web3」はブロックチェーン技術が生んだ新しいインターネットだ。

提供: Jed Share/Kaoru Share Getty Images

テック業界は今、新しい「インターネット」が誕生する瞬間を目撃している。第3世代のインターネット「Web3」は、暗号トークンで運用し、現在のインターネットサービス上で分散化型ネットワークを実現することを目的としている。

ベンチマーク(Benchmark)のゼネラルパートナー、サラ・タベル(Sarah Tavel)は言う。

「何年かに一度、新しいテクノロジーが登場して消費者体験の新たな可能性が開かれることがあります。暗号技術は何年も前からインフラ構築の段階にあって、今まさに新たな消費者体験をそのインフラ上に構築できる段階に達しつつあります」

投資家たちは、Web3が2022年の主流になることを期待している。サイエンス(Science)の共同創業者でマネージングパートナーのマイク・ジョーンズ(Mike Jones)は、ユーザーも気づかないうちに暗号技術を積極的に活用する企業が増えるだろうと述べている。ベッセマー(Bessemer)のパートナー、タリア・ゴールドバーグ(Talia Goldberg)も同意見で、「ブロックチェーンの複雑さがなくなり、消費者に受け入れられるようになれば、『Web3』は単なる『Web』になるでしょう」と述べている。

Web3上にユニコーン企業が現れる日もそう遠くないかもしれない。

「この分野には優秀な人材があふれているため、Web3経済における“次のウーバー、ツイッター、ストライプ”を見つけようとみんな必死です」と語るのは、ウーバーやツイッターでの勤務経験もあるNEAのパートナー、アン・ボルデツキー(Ann Bordetsky)だ。

2. 「パーティーラウンド」による資金調達がブームになる

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular