無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


パンデミックから2年。北京五輪に向け市民、経済活動の制限強まる

インサイドチャイナ

2月4日に開幕する北京五輪を前に、お祭りムードより厳戒ムードが高まっている。

Reuters

2019年12月31日、武漢市衛生健康委員会の公式サイトに「華南海鮮市場との関連が推定される肺炎患者が27人発生し、うち7人が重篤」という情報が掲載された。今なお収束の見えない新型コロナウイルスの第一報だ。

その後、猛スピードでワクチンが開発・承認され、2021年には接種も進んだが、2年経ってもウイルスは変異を繰り返し人々の活動に大きな制約をかけ続けている。極端に厳しい行動制限でゼロコロナ政策を貫いてきた中国でも12月に入って感染が拡大し、北京冬季五輪開幕を2月4日に控える中で緊迫ムードが高まっている。

武漢封鎖から2年、感染収束遠く

2021-12-22T052839Z_78714370_RC28IR9DTSQW_RTRMADP_3_HEALTH-CORONAVIRUS-CHINA

西安市は12月23日から都市封鎖に入っている。

Reuters

武漢のパンデミックで初期に新型コロナウイルスの患者を受け入れた「金銀潭病院」の張定宇院長によると、始まりは2019年12月27日に他病院から受けた肺炎患者の転院要請だった。その後原因不明の肺炎患者が次々と運び込まれ、対応した医療スタッフも相次ぎ感染した。

専門家グループが武漢入りして実態調査を行い、記者会見で感染力の強さを警告したのが2020年1月20日。3日後の23日には武漢市が封鎖されたが、ウイルスは既にヨーロッパやアメリカに広がっており、隣国の日本も2月下旬、東京五輪の1年延期を決定した。

世界からパンデミックの“戦犯”とされた中国当局は、人の接触を極力減らすことで感染の連鎖を断ち切ろうとした。ソーシャルディスタンス、テーブルへのアクリル板設置、デリバリーなど非接触サービス、そして入国者の2週間隔離など、今の社会で一般化している感染症対策の多くは中国が最初に始めたものだ。

2020年4月に武漢封鎖を解除して以降は、短期間でウイルスを抑え込んだ成功体験を基に、「アプリを使った徹底的な移動確認」「感染者が出た際の広範なPCR検査とエリア封鎖」「入国者に自費でのホテル2週間隔離を義務付ける厳格な水際対策」でゼロコロナ戦略を維持してきた。

その後中国では散発的にクラスターが発生することはあるが、いずれも1カ月程度で感染者をゼロに戻し、感染リスクがほとんどない状態を保っている。

五輪開幕目前に感染拡大

中国がゼロコロナにこだわるのは、世界で最初に感染を拡大させ、初動の悪さを大批判されたからだろう。当局は以降、情報を隠蔽したり感染対策を徹底しなかった共産党の責任者を処分するようになり、処分を恐れる地方政府や担当者が独自判断で対策を厳しくする連鎖が続く。さらに2022年2月に開かれる北京冬季五輪が、政府がゼロコロナ戦略を保ち、国民が受け入れる動機にもなっている。

しかし五輪開幕を目前に控える中、オミクロン株によって世界各地で感染が再燃し、中国も2021年12月下旬に、「1年9カ月ぶり感染者が200人超」と報じられた。1年9カ月ぶりというと武漢が封鎖されていた2020年3月以来の水準になるが、実際にはどういう状況なのか。

中国の感染拡大局面が日本と根本的に違うのは、首都の北京がウイルスからほぼ守られてきた点だ。中国政府は2年にわたって「首都防衛」を最優先し、国内でクラスターが発生すると真っ先に北京との行き来を封じた。

現在の感染拡大は2021年12月初旬にパキスタンから陝西省西安市への入国者が起点となり、1日100~200人台の感染者が確認されている。12月下旬以降の感染者数は以下のように推移している。

  • 12月25日感染者206人:内訳は入国者48人、陝西省西安市155人、陝西省咸陽市2人、広西チワン族自治区1人
  • 12月26日感染者200人:内訳は入国者38人、陝西省西安市150人、陝西省咸陽市1人、陝西省渭南市1人、広西チワン族自治区7人、浙江省紹興市1人、広東省東莞市1人、四川省成都市1人
  • (27~29日略)
  • 12月30日感染者195人:内訳は入国者29人、陝西省西安市161人、陝西省咸陽市2人、陝西省延安市2人、山西省運城市1人
  • 12月31日感染者231人:内訳は入国者56人、陝西省西安市174人、貴州省銅仁市1人
  • 1月1日感染者191人:内訳は入国者60人、陝西省西安市122人、陝西省延安市1人、浙江省寧波市7人、河南省洛陽市1人
  • 1月2日感染者161人:内訳は入国者60人、陝西省西安市90人、陝西省咸陽市1人、陝西省延安市1人、浙江省寧波市9人

「1年9カ月ぶり感染者200人」を詳細に分析すると、そこには相当数の入国者が含まれており、世界の感染者が増えていることと年末年始の帰省が増えていることが影響していると推定できる。また、感染者の大半が西安市に集中し、他都市に拡散していないことも分かる。西安市での感染者数も1月1日に目に見えて減少し始めた。ちなみに西安市で広がっているウイルスはデルタ株と判明しており、12月13日に天津への入国者からオミクロン株が検出されたものの、現時点で市中感染は起きていない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み