無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年にミームコインは消滅する?…仮想通貨に関する5つの予測

仮想通貨

Getty Images

  • 2021年は暗号資産(仮想通貨)が大きな注目を集めた年だったが、2022年はさらに盛り上がるかもしれない。
  • ブロックチェーン調査会社のArcane Researchは、2022年の暗号資産についての予測を発表した。
  • 以下でそのうちの5つを紹介するが、その中には忘れ去られつつあるミームコインについての予測も含まれている。

2021年は暗号資産(仮想通貨)が大きな注目を集めたが、2022年には仮想通貨は新たな節目を迎えることになるだろう。

2021年、仮想通貨の投資家はまたもやジェットコースターのような旅に出た。4月から5月にかけて、ビットコイン(BTC)からドージコイン(DOGE)まで、ほぼすべての仮想通貨が過去最高値を更新し、大きな利益をもたらした。しかし、5月のわずか7日間で市場全体の価値の約50%が失われた。そして9月には、仮想通貨に対する中国の締め付けがエスカレートし、同国でのすべての取り引きが禁止された。

その他、2021年には、エルサルバドルがビットコインを法定通貨とし、ミームトークンが爆発的に売れ、ある一つのNFTが6900万ドルで売られる、などの出来事があった

では、2022年には何が待ち構えているのだろうか。ブロックチェーン調査会社のArcane Researchは、2022年に向けて数十の暗号資産に関しての予測を行っている。ここではその中から5つをピックアップして紹介しよう。


ビットコインはS&P500を上回るのか

2021年を通して考えると、新型コロナウイルスによる世界的な景気回復への脅威にもかかわらず、ビットコインと株価のベンチマーク指数であるS&P500の両方が目覚ましい上昇を記録した。ビットコインは66%、S&P500は27%上昇している。

Arcane Researchは、ビットコインがますますリスクオン資産(リスクを取るときに投資する資産)のように振る舞うと考えると、ビットコインは株式市場の動きをさらに増幅させた動きになると述べた。

「つまり、2022年に株式市場が上昇し続けると、ビットコインはおそらくそれを上回る上昇を見せるだろう」と同社は述べた。

「しかし、株式市場が下降すれば、ビットコインはおそらくそれよりをさらに下がるだろう」


イーサは再びビットコインを上回る

長い間、仮想通貨の二番手と見られていたイーサ(ETH)は2021年、ビットコインの66%に対して418%の利益を上げ、それをはるかに上回った。

「このパフォーマンスの差は、イーサリアムがローンチされた2015年以降で最も大きなものだ」とArcaneは述べている。

2021年のイーサリアムのパフォーマンス。

2021年のイーサリアムのパフォーマンス。

Arcane Research

2022年もイーサの上昇が続くと思われる根拠の中に、NFTの販売量の急増がある。これらのトークンのほとんどは、依然としてイーサリアムのブロックチェーン上で動作している。そして、アップデート「ベルリン」からハードフォーク「ロンドン」まで、2021年の主要なアップグレードは、より多くの取り引きを処理するためにネットワークの能力を向上させるのに役立つものだった。


ほとんどのミームコインは衰退する

投資家は2021年、ミームコインが乱高下するのを見た。例えば、ドージコイン(DOGE)のスピンオフであるShiba Inu(SHIB)は2021年に、4454万%もの上昇を記録している。また、ネットフリックス(Netflix)の人気シリーズ「イカゲーム(Squid Game)」にちなんで名付けられた仮想通貨「SQUID」は、1週間足らずで7万5000%以上跳ね上がったが、その後すぐに忘却の彼方へと消えていった。

「このような不条理なミームコインの乱高下に触れずに2021年の市場を語ることはできない」とArcane Researchは言い、このような現象は「2021年という不条理な年を示す遺物」になるだろうと付け加えた。


USDコインはテザーを抜いて最大のステーブルコインになるだろう

テザー(USDT)は、市場評価額で最大のステーブルコイン(法定通貨に連動した仮想通貨)として長い間、君臨してきた。しかし、2022年は特にUSDコイン(USDC)に注意が必要だ。

Arcane Researchは「ステーブルコインの預金に対して高い利息を支払う革新的な融資商品が、ステーブルコインの成長の原動力となっている」と述べている。


ビットコインは今後もVIXと密接な連動性を保つだろう

Arcane Researchによると、2021年、株式市場は好調だったが、あるパターンが顕になった。

「広範な金融市場に対する不安が、ビットコインのパフォーマンスに直接影響した」

ビットコインとVIXの相関関係。

ビットコインとVIXの相関関係。

Arcane Research

CBOEボラティリティ指数(Cboe Volatility Index:VIX)の急上昇は、ビットコインの売りを伴った。Arcane Researchは、2022年の市場に逆風が吹けば、ビットコインの短期的な価格に影響を与える可能性があると警告している。

[原文:The top 5 crypto predictions for 2022

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み