無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国、感染者3人が確認された100万人都市を封鎖…北京オリピックに向けてCOVID-19対策を強化

個人用保護具(PPE)を着用したボランティアが、封鎖されている住宅地の入口で食料を配布している。2021年11月26日、中国・上海で。

個人用保護具(PPE)を着用したボランティアが、封鎖されている住宅地の入口で食料を配布している。2021年11月26日、中国・上海で。

Yin Liqin/China News Service via Getty Images

  • COVID-19の感染者3人が発見された後、中国は100万人が住む都市をロックダウンした。
  • 中国中部の禹州市で、学校、ショッピングモール、公共交通機関が封鎖された。
  • このロックダウンは、北京オリンピックが開催されるちょうど1カ月前に行われた。

複数の報道によると、中国・河南省にある100万人規模の都市でCOVID-19が3例確認され、ロックダウンに追い込まれた。

CNNは2021年1月2日、禹州市の約120万人の住民は、ここ2日間で3人の無症状感染者が発見されたため、自宅に留まらなければならないと報じた。

学校、ショッピングモール、公共交通機関はすべて閉鎖されているが、スーパーマーケットやエネルギープラントなどの必要不可欠な企業は営業を続けているという。また、必要不可欠なサービスに従事する人は、COVID-19の検査で陰性であることを提示しなければ働けないという。

一方、BBCが1月4日に報じたところによると、中国政府関係者は「最短時間で流行を抑制し、鎮圧することは、優先順位の高い政治課題だ」と述べているという。

今回のCOVID-19によるロックダウンは、2021年12月に西安市と東興市の住民に移動制限が課せられた事例に続くもので、北京オリンピックの開催を1カ月後に控えた時期に行われた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular