無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


韓国・現代自動車がCES2022で示した明確すぎる「モビリティの未来」なぜ日本からこの発想が出てこないのか

kawa_hyundai_mobility_top

韓国の現代自動車はラスベガスで開催中(1月5〜7日)の「CES 2022」で、同社の描くモビリティの「限りなく実現の日が近い」未来予想図を公表した。上画像はコンセプトムービーからのキャプチャ画像。

Hyundai Motor Company

韓国の現代自動車グループが1月4日(現地時間)にラスベガスで発表した、モビリティの「あまりに明確な未来像」に驚きを禁じ得ない。

会場で公開されたコンセプトムービーから読みとれる同社からの一貫したメッセージを、キャプチャ画像をもとに端的に紹介しよう。


kawa_hyundai_mobility_1

Hyundai Motor Company

高層ビルの立ち並ぶ都市のマンションに暮らす高齢の女性が、ひとり朝目覚めるところから映像は始まる。

姿鏡の前で身だしなみを整えた女性は(近未来らしく薄い透過型の)スマートフォンを取り出し、孫から届いた「おばあちゃん、もうすぐ会えるね!」のメッセージに微笑みを浮かべる。

kawa_hyundai_mobility_2-3

Hyundai Motor Company

女性はおもむろに画面をフリック、表示された杖(つえ)のアイコンをクリックする。

kawa_hyundai_mobility_2

Hyundai Motor Company

すぐさま複数の杖を載せた室内モビリティがやってきて、女性はそのうち1本を手に取り、静かに歩き出す。離れて暮らす孫と会いに出かけるようだ。

kawa_hyundai_mobility_2-2

Hyundai Motor Company

kawa_hyundai_mobility_3

Hyundai Motor Company

テロップには「プラグ・アンド・ドライブ(Plug & Drive、PnD)」モジュールとの紹介。杖を運んできたモビリティ(上画像は駆動部分、この下に車輪が付いている)は「あらゆるモノに無限のモビリティをもたらす人工知能(AI)搭載の一輪ユニット」をいくつか組み合わせたものと分かる。

杖を頼りに女性が大きなガラス窓の前まで歩くと、ベランダに待機していたカプセル型の「パーソナルモビリティ(Personal Mobility)」が起動する。

kawa_hyundai_mobility_4

Hyundai Motor Company

女性が座席に腰を落ちつけると、カプセルは車輪による水平移動でマンションの外壁まで移動、そこに取りつけられたレールを伝って垂直に地上へと降りていく。外壁には他の部屋のものと思われるモビリティもいくつか見える。

kawa_hyundai_mobility_5

Hyundai Motor Company

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular