無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


タランティーノ、パルプ・フィクションの手書き脚本をNFTで販売…配給会社は権利侵害で提訴

クエンティン・タランティーノ

クエンティン・タランティーノ。

Jordan Strauss/Invision/AP

  • クエンティン・タランティーノは、計画していた通り「パルプ・フィクション」の脚本からいくつかのチャプターに関連するデータをNFTとして販売する。
  • それぞれのNFTは、2022年1月17日から1月31日にかけて、個別にオークションにかけられる。
  • 製作・配給会社のミラマックスは、この販売に関してタランティーノを訴えているが、オークションはそのまま実行される。

クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)は、1994年に公開された映画「パルプ・フィクション」のオリジナル脚本のスキャン画像などをNFT(非代替性トークン)として販売することを以前から計画しており、権利を巡って映画を製作・配給したミラマックス(Miramax)から訴えられているが、そのままオークションを実行しようとしている。

アカデミー賞を始め、多くの受賞歴のあるタランティーノは2022年1月5日のプレスリリースで、7つのNFTのオークションを2022年1月17日から1月31日まで開催すると発表した。各NFTは個別に販売される。オークションに参加するには、仮想通貨ウォレットのメタマスク(MetaMask)とイーサリアム(ETH)あるいは他の暗号通貨を所有していなくてはならない。

2021年11月、タランティーノは「パルプフィクションのノーカットシーン」を、Secret Networkのブロックチェーン上に構築されたNFTの形で販売すると発表した。このコンテンツは所有者のみが閲覧可能で、所有者は他の人とシェアするかどうか、選択することもできる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み