ウォルマート、買ったものを冷蔵庫の中にまで入れてくれる「インホーム・デリバリー」のサービス拡大…ドライバーを3000人増強

ウォルマートは、新たに3000人の宅配ドライバーを募集している。

ウォルマートは、新たに3000人の宅配ドライバーを募集している。

Courtesy of Walmart

  • ウォルマートは、「インホーム・デリバリー」のサービス拡大に伴い、3000人の宅配ドライバーを募集している。
  • このサービスでは、ウォルマートの従業員が買い物客の家まで入って配達を行う。
  • 2022年には、ロサンゼルス、シカゴ、ヒューストン、インディアナポリスなどの都市で、このサービスを利用できるようになる。

ウォルマート(Walmart)は、「インホーム・デリバリー(InHome Delivery)」のサービス拡大に伴い、3000人の宅配ドライバーを募集している。彼らはウォルマートの従業員として特別な訓練を受け、ボディカメラを装着した上で、買い物客の家に入り、冷蔵庫に食料品を入れたり、返品を受け取ったりする。

同社のラストマイル・デリバリー担当シニアバイスプレジデントのトム・ウォード(Tom Ward)は「このサービスはとてもうまくいっているので、次の目標はサービスを拡大することだ」とInsiderに語っている。

「インホーム・デリバリー」は2019年に始まり、当初はカンザスシティ、ピッツバーグ、フロリダ州ベロビーチを中心に展開していた。利用料金は月額19.95ドル(約2300円)、年額148ドル(約1万7000円)。2020年、当時のEコマース部門のCEO、マーク・ロア(Marc Lore)は、このサービスを「本当に大きなものの最先端」と喧伝していた。現在、このサービスはアプリを通じて約600万世帯に提供可能だが、サービスの加入者数は公表されていない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み