無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


キャリアの決断は「90歳の自分」の視点で…何かをやらずに後悔することがないように

Michael Cockburn founded Desana in 2016.Desana

マイケル・コックバーンは2016年にDesanaを設立した。

Desana

  • Desanaのマイケル・コックバーンCEOは、キャリアに関する重要な決断をするときには、「自分が死の床にいることを想像してほしい」とアドバイスをした。
  • コックバーン自身もこの方法でいい選択ができるようになったとBBCに語っている。
  • 彼はこの方法によって何が重要なのか、何をしなかったら後悔するかを学べたとInsiderに語った。

もしあなたが自分のキャリアをどうするか悩んでいるのなら、このCEOは90歳の自分の視点からアプローチすることを勧めている。

スコットランドにあるオフィススペースのスタートアップ企業、DesanaのCEO、マイケル・コックバーン(Michael Cockburn)は、BBCの「CEO Secrets」シリーズのインタビューで、彼のキャリアの初期に役立ったことのひとつは、90歳の自分が死の床にいる気持ちになり、決断を下すことだと話した。

30歳のコックバーンは大工としてキャリアをスタートさせ、それはそれで楽しかったがこれだけでは後悔するかもしれないと考えた。

見習い期間の終了後、彼は19歳でビジネスをスタートした。このとき彼は自分の考えを追求してもいいのだと心が開けたと話している。

「小さなコンサルタント業を営みながら、自宅で仕事をし、それが嫌になったことがDesanaを始めるきっかけになった」

コックバーンは、2016年にエジンバラでDesanaを共同設立した。Desanaの開発するアプリは、コワーキングスペースと提携しており、働く人が好きな場所のワーキングスペースを予約できる。2021年、同社は業務拡大のために400万ドル(約4億6400万円)の資金を獲得した。

自分の決断がもたらす可能性のある結果にとらわれがちだが、未来の自分の視点で考えることによって、自分にとって何が大切であるのか、より深く考えることができるようになったとコックバーンはInsiderに語った。これによって「やらなかったら後悔すること」を明確にすることもできたという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み