無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニーが参入するEVは「aiboであり、プレイステーションである」。ソニーモビリティが「VISION-S」で目指すもの【幹部インタビュー】

CES2022のソニーブースで展示されているクーペ型の「VISION-S01」と新発表となるSUV型の「VISION-S02」の写真

CES2022のソニーブースで展示されているクーペ型の「VISION-S01」と新発表となるSUV型の「VISION-S02」。

REUTERS/Steve Marcus

2022年春、ソニーは事業会社「ソニーモビリティ」を設立し、EVの自社販売を検討するフェーズに入る。

北米で開催中の世界最大級のテクノロジー展示会CES2022のカンファレンスで発表したこのニュースは世界中を駆け巡った。

考えてみればここ数年、ソニーがCESでアピールするのは「家電」ではなく「動くハードウェア」だった。前年の2021年はドローンの「AirPeak」を、そして2020年には試作EVである「VISION-S」をお披露目している。

今年の目玉も自動車だ。「VISION-S」のSUV型(多目的車)の試作車「VISION-S 02」を公開した。

重要なのは、ソニーにとってCES2022で発表したかったのは「新試作車」ではないーーということだ。ソニーが世界に示したかったのは、「自動車メーカーになる」という決意だ。

VISION-S発表からの2年、どのような検討が進んできたのだろうか? そして「ソニーのEV」をどのような形で実現しようとしているのだろうか?

VISION-SやAirPeakなどの開発を指揮した、責任者であるソニーグループ常務・AIロボティクスビジネスグループ 部門長の川西泉氏を直撃した。

2年の開発から自信、市販するなら「さらに最適化」

CES2022プレスカンファレンスで発表する吉田憲一郎氏。

CES2022プレスカンファレンスでSUV型の「VISION-S02」を世界初披露するソニーグループ会長兼社長の吉田憲一郎氏。

出典:CES2022プレスカンファレンス中継より

冒頭で述べたように、VISION-Sは2年前、2020年1月のCESで発表済みだ。それ以降、ヨーロッパと日本をまたぐ形で開発が進められ、2020年末にはオーストリアにおいて公道での高速走行を実施した。2021年にはドイツのサーキット内で、5Gを使って日本からの「リモート運転」も実現している。

走行テスト 動画

Sony YouTubeチャンネルより

リモート運転 動画

Sony YouTubeチャンネルより

2020年に公表されたのはスポーツクーペだった。今年は、さらに今風なSUVだ。これに伴い、クーペが「VISION-S 01」、SUVが「VISION-S 02」と名称変更されている。

01と02は同じプラットフォーム(EVを構成するための基盤で、モーターやバッテリーなどの基本構成)を使って開発している。

川西氏は言う。

「02を作ったのは、同じプラットフォームで複数のEVを作れる、というコンセプトを検証し、具現化するため。こうやって自動車のバリエーションを増やしていけます」

コロナ禍ということもあり、日本での公道走行など、まだ実施できていないテストもあり苦労しているようだが、それでも開発は順調に進んでいるようだ。

川西泉氏の写真

ソニーグループ常務・AIロボティクスビジネスグループ 部門長の川西泉氏。

写真:オンライン取材の模様を筆者キャプチャー

この2年間に生じた変化は大きい。

2年前の段階で、ソニーは「VISION-Sを自社で市販する予定はない」と明言していた。それが今回、「市販に向けて検討し、事業会社を設立する」という流れに一転したように見える。

川西氏は、市販化検討への経緯を次のように語った。

「市販することも、検討そのものは最初からしていたんです。どうするかをずっと考えていたので、ある時期にいきなり考えを変えた……というわけでもありません。

(EVの中に)自分達で持っている技術を導入していき、十分に違いを出せる部分もわかりましたし、車としての設計・製造の難しさも学びました。結果的に、『自分達で製品として具現化できる』見通しが立ったので発表したことになります」

ソニーのEVを差別化する3つの要素

CES2022プレスカンファレンスの写真

センシング技術に強みをもつソニーにとって、EVに搭載する安全なEVを実現するためのセンサーは重要な差別化要素の1つ、と捉えている。

出典:CES2022プレスカンファレンス中継より

一方で、今のVISION-Sがそのまま製品になるのか、という問いには「そうではない」と答える。

「製品としては、もっと最適化できます。課題はまだあって、製品化までのすべてがクリアに見えた、と言い切れるものではないです」

ソニーグループが発表したリリースでは、「事業化への取り組みを発表」「EVの市場投入を本格的に検討」と、若干含みを持たせた書き方になっている。その理由は、川西氏のいう「改善が必要な部分」にあるのだろう。

では、ソニーが「自社のEV」を作る上で必要な要素はどこになるのか? 川西氏は「3つある」と話す。

「もともとVISION-Sは、3つのテーマを掲げて開発を進めてきました。

1つは『センシング』。センサーを使い、安心・安全を実現する技術です。次が『アダプタビリティ』。簡単に言えば、ソフトウエアをベースにし、機能などをアップグレードしていく前提での自動車づくりです。最後が『エンターテインメント』。自動車という移動空間のエンターテインメントを変えていく、ということです。

これらが具現化できる見通しが立ち始めた……というのが今の状況です」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み